育児・教育

離乳食はベビーフードだけでいい?赤ちゃんの成長には実はオススメだった話!

離乳食 ベビーフード

子育てをしていて大変だったことを教えて!って言われたら、夜泣き離乳食と答えてしまいそうなぐらい、離乳食ってめんどくさいんです。

大人の食事よりも手間がかかるのに、ちょっとしか食べてくれなくて、頑張っても報われない感じが、より一層辛くなるんですよね。

3人の子どもを育てていますが、私も1人目の時には、それはそれは真剣に離乳食を手作りして、市販されているベビーフードを使うのはダメな事だと思っていました。

でも、2人目、3人目になってくると、離乳食もだんだん手抜きになっていって、3人目はほぼベビーフードに頼っていました。

そう、離乳食はベビーフードだけでも大丈夫なんです。

今回はその理由をしっかりお伝えしていきたいと思います。

離乳食はベビーフード(BF)だけでいい理由!

離乳食がベビーフードだけでも大丈夫だというのには。きちんと理由があります。

ベビーフードのメリットは

  1. 安全
  2. 美味しい
  3. 種類が豊富
  4. 栄養が豊富

ということです。

離乳食 手抜き
離乳食は手抜きでも十分!時短テクで育児ストレスから抜け出そう!子育て中のママなら誰でもストレスを抱えていますよね。 ストレスの感じ方には個人差もあるし、周りの環境によってストレスを発散できているマ...

ベビーフードは安全

離乳食

ベビーフードは、衛生管理の行き届いた工場で製造され、消毒された容器に密封されています。

家庭で手作りするよりも、何倍も安全性は高いんです。

賞味期限が記されているので、保存期間も分かりやすいというのも魅力。

自宅で作った離乳食は、冷凍保存しても1週間を目安に食べきるように勧められています。

これは、冷凍保存であっても家庭で作ったものは長期保管に向かないということです。

気をつけていても、工場のような徹底した衛生管理ができないことや、容器の殺菌消毒が完璧にはできないという点があります。

安全性に関しては、ベビーフードの方が優れていますね。

コストコ 離乳食
コストコは離乳食でもおすすめ!赤ちゃんに優しい食品5選輸入品を中心に、食料や洋服、日用品などたくさんの商品が揃うことで人気の『コストコ』は私にとってテーマパークに行く感覚‼ ...

ベビーフードは美味しい

育児 大変

離乳食って、出汁の味や素材本来の味を大切にして、味付けはごくごく薄味で!というイメージはありませんか?

私も長男の離乳食は全て手作りしていましたが、味付けはほぼしないというのが基本でした。

でも、正直あまりおいしいものではないんですよね。

素材の味や出汁の味を楽しむといわれても、やっぱり塩味や甘味って大事なんです。

もちろん、あまり離乳食は食べてくれず、かなり苦戦していた記憶があります。

ベビーフードは月齢に合わせた硬さや味付けになっていますが、大人が食べてもおいしいと思えるぐらい、上手に味付けされています。

もちろん、大人がおいしいと思うものは、子どもにとってもおいしいもの。

パクパク食べてくれました。

育児 大変
育児ってホント大変!3児を育てた先輩ママが教える育児で苦しまない方法とは?赤ちゃんが生まれて、かわいい~!幸せ~!なんて思えるのって、正直一瞬だと思いませんか。 もちろん、我が子はかわいい面もありますが、それ...

ベビーフードは種類が豊富

離乳食 初期

どうしても自宅で離乳食を作るとなると、手間のかかるものは避けてしまったり、親の好き嫌いに合わせて食材選びをしてしまったりします。

ベビーフードを上手に使うことで、たくさんの種類の離乳食を食べさせることができます。

私が一番便利に感じたのが、魚を使ったメニューです。

魚料理って、薄味に仕上げるのが非常に難しかったり、離乳食のために骨を抜いたりすりつぶしたりするのは、本当に面倒くさいものです。

面倒くさいとだんだん作る回数も減ってしまって、最終的には魚料理が離乳食で使われないということもあります。

我が家の場合は、魚が好きで更に刺身が好きなので、離乳食に使うこともできず、結局離乳食は別メニューとなっていました。

刺身は湯がけば離乳食として使えるといわれましたが、味付けが難しく、ついつい離乳食に魚を使うことが少なくなってしまいました。

でも、離乳食はこれからの食事の練習段階なので、たくさんの食材にチャレンジすることが大切です。

種類が豊富なベビーフードを上手に利用していきましょう。

離乳食 食べない 疲れた
離乳食を食べない子供にイライラ!食べるようになる3つのコツとは!赤ちゃんが生まれて、新しい生活にも慣れてきたころ、最初の大きな壁になるのが離乳食です。 私も、3人の子育てをしている真っ最中ですが、離...

ベビーフードは栄養が豊富

離乳食 大変

実はコレ、意外なポイントかもしれません。

離乳食を作るときに、家庭でも栄養面を考えていますよね。

でも、どうしても鉄分など不足しがちな栄養素があります。

レバーやホウレン草など、鉄分不足を解消しようと思っても、クセの強い食材を離乳食にするのは難しいものです。

そこで便利なのがベビーフードです。

ベビーフードには、栄養素がしっかり考えられているものも多く、レバーやホウレン草を使ったメニューも豊富です。

私もレバーの入ったベビーフードを試してみましたが、癖も全然なくてとっても食べやすいと思いました。

何を隠そう、私がレバーが苦手で食べられないのですが、レバー入りって書かれていても、どれがレバー?って思うぐらい、クセがないのにはびっくりしました。

こんな味でレバーが食べられれば、苦手にはならないんじゃないかなと思いました。

おいしく、栄養価の高い食材を食べることができるのがベビーフードです。

離乳食初期の量ってわからない!?基本的な離乳食の始め方を解説!妊娠中から我が子との対面を楽しみにして、いろいろな育児本を読んでみたり、インターネットで情報を収集してみたりしていませんか? 出産して...

スポンサーリンク

ベビーフードを使うことへの罪悪感を消す方法

ベビーフードが良いものだとわかっても、ベビーフードを使うことに罪悪感を感じてしまうママも少なくないでしょう。

実は私もそうでした。

ベビーフードを使うなんて、

  • 手抜きのような気がする。。。
  • 愛情が込められていないんじゃないか。。。?
  • 頑張って作ればお金がかからないのに、ベビーフードを買うことで出費が増えてしまっているんじゃないか???

などと思っていました。

でも、実はそんなことないんですよ。

離乳食を自分で作っていたころ、離乳食作りに時間がとても必要となっていて、

子どもの食事が終わる
⬇︎
次の離乳食作り
⬇︎
週末にはお出かけできるように
作り置き分も作ったり。。。

本当に離乳食にたくさんの時間を使っていました。

もちろん、この時間は日中のこともあれば、子どもを寝かしつけた後のこともあります。

その結果、離乳食作りにたくさんの時間を取られて、子どもと一緒に遊ぶ時間が減ってしまったり、夜寝る時間が遅くなってしまったりしていました。

さらに、私も思い通りに家事が進まないことで、イライラしてしまい、そんな時に離乳食を食べてもらえないと、さらにイライラが募っていってしまい、子育てを投げ出したくなることもありました。

ベビーフードを使うことで、この離乳食作りにかかる時間が不要になります。

たったこれだけのことで、子どもとのコミュニケーションをとる時間が増えて、気持ちにも余裕が生まれてきました。

手作りしたい気持ちが強い人は、ベビーフードを使ったアレンジメニューを作ってみると良いでしょう。

  • おかゆは自分で作ってそこにベビーフードで味付けする
  • 野菜のくたくた煮にベビーフードを混ぜてあげる

など、少し手間をかけてあげるだけでも、罪悪感から解放されますよ。

しかも、気になっていた経済面も、意外と負担にはなりませんでした。

安いときに買いだめしておいたり、上手な買い方をすることで、離乳食用の食材を購入する必要がなくなったので、家計には大きく響くことはないでしょう。

スポンサーリンク

ベビーフードならオナカもココロも満たしてくれるミタスがオススメ!

ミタス 口コミ

ベビーフードを使うメリットが分かっていても、やっぱり赤ちゃんにあげるものなので、安心してあげられるものを選びたいものですよね。

私のオススメのベビーフードは「ミタス」です。

ミタスを最初に見た時の印象は高い!でした。

でも、使用している食材にこだわっていたり、安心・安全が買えるのであれば、多少高額でも仕方ないのかな・・・とも思って悩んでいたら、公式HPから購入すると特別価格でとてもお得になっていました。

ミタス 口コミレビュー
the kindestカインデスト(旧ミタス)【口コミ・ネット評判】500円off招待コードありthe kindestカインデスト(旧ミタス)の離乳食を実際に使ってみて感想を書きました。『当ブログ限定の招待コード』で500円offになるので、ぜひ使ってみて下さい。TwitterやInstagramから良い口コミ・悪い口コミを集めてまとめています。...

とりあえず1回試してみて、良かったらまた購入しようという軽い気持ちで購入したら、使い勝手も良くて、今ではすっかり頼ってしまっています。

月齢に合ったベビーフードが届くので、小さい子どもを連れて、わざわざ買い物に行かなくても良いというのも魅力。

お菓子コーナーで騒がれたり、タイミングが悪いと、思いっきり外出先で泣いてしまったりしますが、通販ならそのストレスもゼロ!

その分、公園で遊んであげたり、ゆっくりとした時間を過ごすこともできます。

ミタスの魅力は、少量だけ使うこともできるということです。

ミタスの容器は一回あけても、またフタをして保存しておくことが可能です。

必要量だけを使って冷凍保存しておけば、離乳食初期は1ヶ月近く使うことができます。

直接スプーンなどがふれないのが、衛生的で使いやすいものです。

離乳食 大変
離乳食がしんどい!栄養管理はプロに任せた方が元気で頭のよい子が育つ離乳食の何が大変って、食材選びから後片付けまで!そう、全部(笑) 子供のためなら食材選びからこだわりたいな〜って思う反面、1日3回の離...

まとめ

離乳食はママにとっては最初の試練になるかもしれません。

もちろん自分で作ってあげたい気持ちがあれば、無理のない程度に離乳食作りに精を出すのも良いでしょう。

でも、頑張りすぎてしまっては、子どもとの時間が無くなってしまっていたりストレスになってしまっていたりします。

ベビーフードだけでも、子どもはしっかり育ちます。

ママが楽しく育児ができるように、上手に取り入れて負担を減らしていくようにしましょう。

ABOUT ME
あーちゃん
子育てに邁進中の3児の子宝に恵まれたアラフォー主婦♡ 雑学が大好きで気になった事はなんでも調べないと気が済まないタイプです♪ 私の雑学好きが皆さんのお役に立てると嬉しいです^^