イベント・行事

【子連れ必見】海水浴の便利グッズ!必須のアイテムはコレだ!

海水浴 便利グッズ

夏だ!海だ!!水着だ!!!ハイレグだ!(古い^^;)

夏になると、いくら子持ちといっても、やっぱり興奮MAXです。

海水浴ともなると、子供たちを見ながら周りのカラフル水着にも目がちらちらと…

「パパ~どこ見てんの~?」(長男)
「水平線の向こうだよ…」
「何が見えるの~?」(次女)
「叶うことのない夢とか希望とかさ…」

せつない。。。

とまぁ、10代の頃を思い出して感傷にふけるのは置いといて(笑)、最近話題になっている海水浴の便利グッズってあるじゃないすか?

あれってホントに持っていくべき?買うべき?を個人的に調べてみました。

それ必要?

必要だから売ってるんです!(・ω・)ノ

子連れの海水浴なら必須のアイテム2選

海水浴の便利グッズって大量にあるわけですが、特に子供に絶対必要なものをピックアップしていくでごわす。

  1. マリンシューズ
  2. ラッシュガード

なんでこの2つが必要かって!?

身をもって体験した事実から必要性を解説していきますぜい✨

海水浴 貴重品
海水浴で貴重品はどうすると安全?便利グッズで現金とスマホを管理!夏だ~!海だ~!テンションMAX✨⤴海が大好きで、夏になると休みのたびに海に通ったものです👙...

1)マリンシューズで転倒防止!

マリンシューズ

夏になると色んな所で販売しているマリンシューズ。

安いものは500円くらいから販売してますよね。あれって、80年代~90年代には売ってなかったですよね~。

そもそもマリンシューズって何を目的にして作られてるか知ってますか?

マリンシューズの目的

転倒防止

私が若い頃にこんな経験があります。。。

17歳の夏でした。1998年か1997年頃かしら。

ちょうど、X-Japanのhideさんが亡くなって、当時組んでたバンドの情熱が冷めつつあった頃ですよ。

友達とバンドメンバー+グルーピー(メンバーにほぼほぼ手を付けられている)10人くらいで、キャンプ込みの大合宿をやったんです。

練習なんてしませんよ?

でも合宿とか上手いこというと、参加者の親がお金出してくれるんですね~(笑)

9回目くらいのBBQが終わって、ベースのイケメンSくんと2人で海水浴にいそしもうかと思ったその時です。

トゥゥぅぅルゥぅん!!ゴッッ!!

Sくんがまるでバナーナの皮を踏んづけたのごとく、体が青空と平行線になったんです。からの、後頭部から着地!(着地というか落下)

ビーチ 岩

Sくんが歩いていたのは、海水が砂浜に勢いよく来ないための、波打消しコンクリ―トの部分です。

がっつり「滑るぞ!キケン!」っていう立て看板まであるのに、Sくんはロン毛をなびかせて颯爽と歩いてたんですね~。

海水が常に押し寄せてくるってことは、水苔とか海苔(?)とか昆布(?)も生えるわけですよ。

おしゃれな黄色のビーチサンダルではグリップ不足だったってことです。

後頭部から着地したSくんは、案の定救急車で病院へ直行。

後頭部を8針縫う大怪我でした。

今はSくん漁師で、丸坊主ですが当時の傷跡が未だに残ってます(笑)

「なんかおしゃれだべ?」

滑ってころんで8針縫うのがおしゃれなわけあるかい!

子供たちの転倒による大怪我を守ってくれるのは、ビーチサンダルではなくマリンシューズってことです。

ちなみに、マリンシューズってグリップもそうですが、おしゃれなデザインなのも多いです。

また、速乾性もあるんで、マリンシューズを履いたまま、車の運転もできちゃう。

ビーチサンダルだと、海水浴場の砂をわざわざ水道で洗い流してという面倒な作業が必要ありません。

海に行くときの最低限の持ち物として、ビーチサンダルではなく、マリンシューズをオススメします!

スポンサーリンク

2)ラッシュガードは実は優れもの!?

ラッシュガード

最近海水浴場で見かけるのが、長袖のシャツを着て海で泳ぐ人達ですね。子供から大人まで、みんな着てます。

あれ、ラッシュガードっていうんですけど、あんなの僕らが若い頃には無かったですよね。

事実、私は着てません。

真っ黒にならないと海水浴を楽しめない、と思い込んでるからです(笑)

ちなみに、私は地黒ということもあって、夏になると家族の中では一番黒くなります(・ω・)ノ

日焼け
日焼けするのにかかる時間は何分?素敵な小麦色の肌を手に入れるにはほんのり日焼けした肌は、健康的できれいに見えますよね。 とくに夏場は、こんがり焼けた肌に憧れるものです。お肌が小麦色に焼けてると、引き...

あ、ラッシュガードの話ですね(笑)

ラッシュガードって何?

ラッシュガードは本来、サーフィンとかボディーボードとかのマリンスポーツ時に使われていたアンダーウェアで、素材もウエットスーツのゴムからお肌を守るためにちょっと防水加工的な役割もあるようです。

長袖ということもあって、日焼け対策にもなるそうですよ。

最近は、海だけなく、マラソンランナーとかも着るようになって一気に知名度が高まりました。

あれ、いる?必要?

未だにそう思ってるんですけど、いろいろ調べてみたら、ラッシュガードって日焼け対策だけではなく、体温の低下や擦り傷などの防止にも効果があったのです!

海で長時間泳いでいると、いつのまにか自分の体温が低下していることに気付かずに、海から上がると唇が紫になっていることってありませんか?

あれって、実はけっこうヤバいんですって。

体温が低くなると、死に至る場合もあります。

子供なんかは、大人よりも体脂肪率とかが低いため、重篤な状態にになりやすいんだとか。

まあ、私は皮下脂肪どころかメタボリック一歩手前(と思いたい)なんで、ラッシュガード無しでも低体温症になったことはありませんが。。。^^;

子供たちは着る時に嫌がってましたけど、今はすっかり慣れて海パンと一緒にラッシュガードもセットで着てくれるようになりました。

あと、海水浴中の擦り傷って結構怖いです。

水中なんで、流血が止まりませんし、傷から水中の色んなバイ菌に感染するかもと考えるとちょっとどころかかなり怖いです。(ハッヒフヘホー!)

もう海水浴なんか行きたくなくなります(笑)

ラッシュガードを着ておけば、小さな擦り傷を防止できる可能性も高くなります。

安全面のことを考えるとラッシュガードは持っていくべき便利グッズに認定です(笑)

ラッシュガード
海やプールでラッシュガードは必須?ないと起こる4つのリスクとは!夏の楽しみといえば、やっぱり灼熱の太陽を浴びながら、ビーチやプールで友達や恋人と過ごす日々ではないでしょうか。 特に開放的な気分になっ...

でも1つだけ!

ビキニ女子は着るな!もったいない!(何が!)

スポンサーリンク

まとめ

海水浴の便利グッズって、カラフルなのが多いんですよね~。

目がチカチカする(笑)

ビキニで目がチカチカしたいのに、グッズでチカチカしたくない!(ド変態)

でもあのチカチカって、遠くからでも見えるような配色がされてるんですよね。

海水浴中に万が一、溺れてしまったり沖に流されたりしても、あのチカチカが命を救ってくれることもあるのです。

チカチカグッズをディスるな!(お前がな)

マリンシューズとラッシュガード。

私たちが若い頃は使ってなかった便利グッズですが、今は安全第一

海でつるりと滑っての大怪我や、海水浴中に体温が下がって危ない状態になることは、マリンシューズとラッシュガードで防げるということです。

海に行くときの最低限の持ち物として、車に常備しておきましょ。

そう言えば。。。最近パチンコ屋でSくんにばったり遭遇しました(笑)

丸坊主で後頭部にはあの頃の傷跡が…
そして打っていた機種は、海物語

海水浴場の呪いにでもかかってんのかと思いました!チャンチャン♪

ABOUT ME
しゅんすけ
サッカーをこよなく愛し、いつまでも子供のような純粋な気持ちを持ち続けたいと思っている3児のパパさん。 ひょんなきっかけで海外生活を経験し、その経験から自分自身と家族の人生を見直す事に! 自分のモットーは、『自分らしく』と『感謝の気持ちを忘れない』。 自分の人生の主役は自分自身。自分らしく生きる事が幸せへの道しるべ。 自分らしく生きる為にも、自分に関わる全ての人・出来事に『感謝の気持ち』を大切に!