寒い部屋が耐えられない人へ!今すぐ出来る簡単な防寒対策5選!

寒い 部屋 防寒

冬が近づくとお部屋が寒くて耐えられない!という人も多いのではないでしょうか?

私も、以前住んでいたアパートが、築年数が経っていた影響もあるのか、すきま風が入ってきて、外とほとんど気温が変わらないとても寒いお部屋で過ごした経験があります。

部屋の中に冷気が入ってきてしまうと、暖房を使ってもなかなか温まらなかったり、温めても暖房を消すとすぐに寒くなってしまったりという悪循環に陥ってしまいますよね。(T ^ T)

ただ、そんな悩みを抱えた人に朗報です(*´∀`)♪

実は、簡単な防寒対策を行うだけで、断熱効果がアップしてお部屋を簡単に温めることができる方法があるんです!!しかも今すぐ出来る方法なんですよね、これが!✌︎(‘ω’)✌︎

本格的な寒さが訪れる前にぜひ試して欲しいので、読んだらすぐに取り掛かってみて下さいね〜。

それでは早速いってみましょ〜♪

スポンサーリンク

今すぐ出来る簡単な防寒対策5選

防寒対策ってイメージだと、工事をしたり大掛かりなリフォームをしたりと、とても大変!!って思ったりしますが、実は身近なアイテムを使って防寒対策をすることができるんです!

私がオススメする今すぐ出来るお手軽防寒対策は以下の5つです。

  • プチプチを窓に貼る
  • すきまテープを貼る
  • ジョイントマットを敷く
  • カーペットやラグの下にアルミシートを敷く
  • 部屋の湿度をあげる

それでは、一つ一つ解説していきますね♪

1. プチプチを窓に貼る

お皿などを買った時や、クッキーなどを買ったときなどについてくる、ビニールのプチプチってあるじゃないですか!

実はあのプチプチは、緩衝材としてだけでなく防寒グッズとしても活用することができるんですよ!

使い方も簡単ですよ。

そう、プチプチを窓に貼るだけなんです^^;

小さなサイズのプチプチを繋ぎ合わせても良いですが、ホームセンターなどで販売している大きなサイズのプチプチを窓のサイズに合わせて用意すると、より簡単に装着することができます。

プチプチを窓よりも一回り大きなサイズにカットして、窓に合わせて画鋲やガムテープで貼るだけでOKです。

賃貸で画鋲やガムテープを使うことができない場合には、ポスター用の両面テープなど、壁に傷をつけない方法で装着するのがおすすめです。

プチプチを貼るだけで、窓からの冷気をシャットアウトすることができるので、断熱効果が高まります。

なぜ断熱効果が高まるのか?その理由については、「窓にプチプチを貼ると断熱効果が凄い!?他にもある裏技的な使い方!」の記事により詳しくまとめています。

知らない人が多いと思うので、自慢げに話してみるのも良いかも(≧∀≦)

注意点として、結露ができやすくなってしまうので、朝日で温まったり、日中の暖かい時間になったら結露に注意して、結露が出てきたらきちんと拭き取るようにしましょう。

💡プチプチの豆知識を知りたい人は💡

2. すきまテープを貼る

すきま風って本当にお部屋を寒くする原因の最たる例ですよね!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

ぴったりしまっていると思っていても、窓や扉をよーく見てみると、すきまがある場合があるんですよね。

このような小さなすきまから冷気が入り込んで、寒い寒〜いお部屋にしてしまうんです。ホント嫌になっちゃう!

で、どうするかというと、すきま風が入らないように、すきまテープを貼ってすきまを塞いでしまい、すきま風ともオサラバしちゃいましょう(^^)/~~~

すきまテープは、ホームセンターに売っていますが、最近では100円ショップにもすきまテープが用意されていますよ。

ただ、100円ショップのものはお手軽な価格なんですが、長さが短かったり幅が細かったりするので、必要なサイズに合わせて購入するほうがTOTAL的にはお得になります。

また耐久性についても、100円ショップのものはイマイチなので、しっかり防寒対策をしたいなら、圧倒的な品質を誇る日本製のすきまテープを選んだ方が良いですよ!

 

自分の部屋のすきまがどれくらいあるか?またどれくらい開閉する場所なのか?などなど、よくチェックしてから購入するようにして下さいね♪

3. ジョイントマットを敷く

お部屋が寒い原因として、床からの冷えもあるんですよね。

とくにフローリングのお部屋の場合、そのままの状態では足にひんやりとした冷たさが伝わって、より寒く感じやすくなります。

そこで便利なのがこれ!ジョイントマットです。

ジョイントマットは、じゅうたんよりも安く手に入れることができるので、お手軽にお部屋の防寒対策に使えます。

また、ジョイントマット自体に保温効果があるだけでなく、防音や衝撃を吸収する効果もあるので、小さな子供がいるご家庭でも安心して使うことができますね。

 

素材もビニール系のものが多いので、防水効果もあり汚れた時にはその部分だけを洗うことができますよ。

複雑なお部屋の形をしている場合や、一部分にだけマットを敷きたいという場合にも、その形に合わせて必要分だけを購入すれば良いので、簡単に対応する事ができとても便利ですね。

ただ注意点が一つ!

ジョイントマットは敷いている部分に湿気がたまりやすいので、定期的にマットの下のお掃除をしましょう。

4. カーペットやラグの下にアルミシートを敷く

お部屋の寒さ対策で、カーペットやラグを敷いている人も多いのではないでしょうか?

カーペットやラグは敷いているだけでも防寒対策になりますが、さらに暖かくするためにはアルミシートを活用すれば効果抜群!

 

ホームセンターなどで購入できるアルミシートは保温性に優れているので、カーペットやラグの下に敷くだけで、床からの冷気をシャットアウトして暖かさをアップさせてくれます。

防災グッズの一つとしても注目されているアルミシートですが、最近では100円ショップでも取り扱いがあるので、見つけたら試しに購入してみて下さいね!

5. 部屋の湿度を上げる

お部屋の防寒対策として、お部屋の湿度を上げるという方法もあります。

寒さ対策に湿度が関係あるの?と思う人も多いと思いますが、実は湿度と温度には深い関係があるんですよ!

例えば、そんなに晴れていないのに、じめじめと暑いと感じる日があったりしませんか!?

これは湿度が高いことで、暑さを感じていることが原因なんですよ!Σ(゚д゚lll)

その逆で、冬って空気が乾燥しやすく湿度が低くなるので、寒さをより感じやすくなってしまうんですよ!!

そこで、お部屋の湿度をあげることで、体感温度をアップさせて防寒対策に繋げることができるって訳です。✌︎(‘ω’)✌︎

また、湿度を上げることで、乾燥を防ぐことができるので、風邪の菌やウイルスなどから身を守ることもできますね。

お肌の乾燥も抑えることができるので、湿度をアップさせることは健康にもつながります。加湿器で湿度のコントロールを行えれば簡単ですが、加湿器がない場合には、濡らしたタオルをお部屋に干しておくだけでも効果的です。

洗濯物をお部屋に干しておくと、加湿効果もあるので一石二鳥ですよ。ぜひお試し下さい♪

スポンサーリンク

エアコンをつけているのになぜ寒い?

寒い 部屋 防寒

ここまで色々すぐ出来る防寒対策について説明してきましたが、お部屋を暖めるのに手っ取り早い方法って、やっぱりエアコンをつけることなんですよね^^;

ただ、経験した事ある人も多いと思いますが、エアコンをつけても意外とお部屋が温まらない!なんて事は日常茶飯事!!

そんな問題を解決するには、あるアイテムを使うと良いんですよね!!

そう、そのアイテムとは、サーキュレーターです!

サーキュレーターを活用しよう!

エアコンをつけても、お部屋が温まらないのには理由があり、それは暖かい空気が上に溜まってしまうという性質がある!って事なんですよ。

お部屋を暖めたくて暖房をつけても、暖かい空気が上に溜まってしまい、自分たちが過ごしている空間には冷たい空気が残ってしまうので、どうしても長時間エアコンを付けないとお部屋が暖かくなりません。

電気代も気になるので、短時間で暖かいお部屋にしたいって誰しも考えますよね。

効率よくお部屋を暖めるためにも、サーキュレーターはとっても頼もしい味方になります。

サーキュレーターを使って、上に溜まってしまった暖かい空気をお部屋全体に回すように、空気の流れを作ることができるので、冷たい空気と温かい空気を混ぜて、全体の温度を短時間で上げる事ができ、お部屋全体を暖かくさせることができるんですよ。

 

サーキュレーターは節電にも効果を発揮する?

サーキュレーターは、空気の循環を促してくれるので、設定温度を通常よりも1℃から2℃低くしても、同じような温かさを感じることができます。

サーキュレーターをエアコンと併用することで、人によっては年間2万円弱の節約にもなります。

サーキュレーターがない人は、扇風機でも代用が可能です。

しかし、扇風機の風はサーキュレーターよりも風の当たる幅が広いので、循環させるためには力が弱くなってしまいます。

しっかり効果を出したい場合には、サーキュレーターを使うしかないですね♪

一人暮らしの人向けに、コスパ最強であまり知られていない最高の暖房器具についても記事にまとめています♪

寒い季節になってくると暖房器具は欠かせないアイテムですね。ライフスタイルに合った暖房器具を導入することで、より快適な生活を送ることができ...

まとめ

お部屋が寒いからって我慢する必要はありません。だって少しの工夫で防寒対策をすることができるんですから。

防寒対策のポイントをまとめるとこんな感じです。

  • 冷気が入ってくる窓やすきまにプチプチやすきまテープを貼る
  • 床からの冷え対策にジョイントマットやアルミシートを引く
  • 湿度を上げて体感温度をアップさせる

自宅にあるような身近なアイテムも、ちょっとした工夫をすれば防寒グッズとして使えるという事がわかりましたね♪

上手に工夫して、寒い冬を乗り越えましょうね!

この記事の内容はいかがでしたか? ご意見、ご感想がありましたら、コメントしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする