トレンドネタ

チョコを食べたらくしゃみが!これってアレルギー?原因と対処法は?

疲れたときや、ちょっと休憩!というときに、ついつい手が伸びてしまうのが「チョコ」です。

私自身はそれほどチョコ大好き!というタイプではないのですが、幼馴染がチョコが大好きで、常に持ち歩いてはポリポリ食べていました。

でも、その幼馴染、チョコを食べるといつもくしゃみをするんです。

最初はたいして気にしていなかったのですが、子供が生まれて健康を気にするようになったら、幼馴染のくしゃみも気になってしまい、さらに注意深く観察するようになってしまいました。

私の家族は花粉症で春になるとくしゃみが止まらなくなってしまうのですが、もしかして幼馴染もアレルギーなのかな?という気がしました。

でも、チョコのアレルギーなんて聞いたことがないし・・・という思いから、チョコについて調べてみることにしました。

調べてみると、チョコの知らない面や、くしゃみの原因など考えられることがたくさん!

チョコを食べるとくしゃみがでてしまうなど、似たような症状で悩んでいる方がいたら、ぜひチェックしてみてください。

モンスター返品者
【ヤバすぎ】モンスター返品者とは?悪質すぎるその手口を実体験も交えて!最近ネットで話題の「モンスター返品者」。 出たよ新しいモンスターが(笑) まるでポケモンG〇です。。。( ̄Д ̄)ノ なんでも頭から...

チョコでくしゃみが出るのはアレルギーなの?

チョコ アレルギー

チョコを食べてくしゃみが出る場合、高確率でアレルギーの可能性があります。

もちろん、絶対アレルギーだ!と言うわけではありませんが、チョコを食べたことが原因でくしゃみが出るようであれば、体がアレルギー反応を起こしている可能性が非常に高いです。

アレルギー反応は、人によってさまざまです。

くしゃみが出る人、お肌に湿疹がでたり、かゆみが出たりする人、頭痛がする人など、その時の体の調子によっても、アレルギー反応の出方が違ったりもします。

くしゃみが止まらなかったり、鼻水が出てくるなど、気になる症状があったら、一度病院でアレルギー検査をしてみると良いでしょう。

重症化してしまうと、危険な場合もあります。

気になった時には早めに専門医へ相談してみましょう。

チョコレートアレルギーの原因は?

チョコを食べてアレルギー反応がでた!といっても、チョコレートアレルギーってあまり馴染みのないアレルギーですよね。

でも、チョコのことをしっかり知っていると、意外と身近にもチョコレートアレルギーの人がいるかもしれません。

チョコレートアレルギーの原因はいくつか考えられます。

大きく分けると3つに分けられます。

  1. チョコに含まれる添加物によるアレルギー
  2. ニッケルアレルギー
  3. タンパク質「チラミン」によるアレルギー

詳しくみていきましょう。

チョコに含まれるむ添加物によるアレルギー

チョコ アレルギー

まず、一番濃厚案なのがチョコレートの原料でもあるカカオに対するアレルギーです。

チョコレートは、原料であるカカオ豆を発酵して焙煎してから作られるカカオマスに、砂糖やカカオ豆の脂肪分でもあるカカオバター、乳を混ぜて作られます。

さらにここに化学添加物や植物油脂、甘味料や香料などが加えられていることも多くあります。

チョコレートアレルギーの人の中には、この添加物にアレルギー反応を起こしている場合がありますが、チョコレートを食べた時だけにアレルギー症状が出ている場合には、原料に原因がある場合が多いです。

つまり、カカオ豆にアレルギーがあるということです。

カカオ豆にアレルギーがある場合、チョコだけでなく、ココアを飲んでもアレルギー症状が出ることが多いです。

チョコを食べてくしゃみが出る人は、試しにココアを飲んでみるのも良いでしょう。

アレルギーを確認するときに飲むココアは、添加物の入っていない「純ココア」を選ぶようにしましょう。

ココアを飲んだ時も同様の症状がでたら、カカオ豆へのアレルギーがある可能性が高いです。

スポンサーリンク

ニッケルアレルギー

チョコ アレルギー

そして、このカカオ豆のアレルギーがある人は、豆の成分を知るととても驚くことでしょう。

カカオ豆の成分の中には「ニッケル」「チラミン」というものが入っています。

「ニッケル」は多くの人が知っている金属の一種です。

食べ物と金属が一緒になっていることに疑問が生まれると思いますが、これはそれほど珍しいことではないそうです。

植物には微量の金属が含まれていることが多く、豆や木の実には金属が含まれやすいということもわかっています。

どの植物にも5種類程度の金属が混入しているので、カカオにニッケルが入っていることも、それほど問題になる点ではないんです。

ただし、『ニッケル』は金属アレルギーになる方が一番多いといわれています。

カカオ豆の中のニッケルにアレルギー反応を起こしているのかもしれません。

ニッケルによるアレルギー反応の場合、かゆみ、湿疹、お腹をくだす、痙攣をおこすなどの症状があらわれます。

タンパク質「チラミン」によるアレルギー

チョコ アレルギー

もう一つの「チラミン」という成分ですが、こちらはそれほど聞いたことのある成分ではないでしょう。

このチラミンという成分は、タンパク質が微生物に分解されたときにできる成分のことです。

つまり、このチラミンの元となっているのが「タンパク質」なので、タンパク質に対してのアレルギーがある人は、アレルギー反応を起こすことがあります。

チラミンによるアレルギーの場合、粘膜が腫れる、頭痛、呼吸困難などの症状があらわれます。

血管浮腫物質とも言われていて、血管の収縮を起こし、アレルギー反応がおさまると急激に血管が拡張するというものなので、粘膜が弱っているところからは出血を起こす可能性があります。

これが、チョコを食べると鼻血がでるといわれる原因です。

チラミンによって、粘膜が腫れて、その部分の細い血管の収縮が繰り返されることによって弱った部分から粘膜が破れて出血してしまうのです。

へそ ごま
へそのごまの正体は?取っちゃいけない?あなたの疑問を解決します!薄着の季節になってふと気になったのが、ほんわり漂ういや〜なニオイ。あなたにもそんな経験ありませんか? どこからニオってくるのかなぁ〜?...

チョコレートアレルギーの対処法は?

チョコ アレルギー

では、このチョコレートアレルギーが発症することがわかったら、どのような対処法を取ればよいのでしょうか。

まず、一番大切なことは専門医を受診することです。

もし、アレルギー反応を起こしていた場合、くしゃみだけであればまだ軽症なほうです。

しかし、これが重症化していくと、アナフィラキシーショックを起こしてしまい、最悪の場合は命にかかわることもあります。

軽症のうちに、きちんと受診して、専門医の指導を受けておいたほうが良いでしょう。

また、チョコを食べるときには量に気を付けて、一度に大量に摂取しないようにすることや、

添加物などのアレルギーが懸念される場合には、品質表示をチェックして、少し高額なってしまいますが、無添加のチョコを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

意外な食材でのアレルギーって、実は珍しいことではありません。

アレルギーの症状は体調によって出方も違ってきたりするので、自分で体調の変化をしっかり理解することも重要です。

チョコを食べてくしゃみが出る場合

  1. アレルギーの原因をチェック
  2. 食べる量の調整
  3. 専門の医師に相談

この3点を意識しておきましょう。

チョコは体に良い成分も入っていますので、適量を意識しておいしく楽しみましょう。

吉幾三 TSUGARU
【翻訳あり】吉幾三のラップ「TSUGARU」1.25倍速のパンチ力が凄い!田舎あるあるを青森県人が徹底解説!おばんです! 生まれも育ちも津軽っ子、ナオ☆です! 【TSUGARU】 バズってますね(笑) NHKG『ごごナマ』でも『TSUG...
ABOUT ME
あーちゃん
子育てに邁進中の3児の子宝に恵まれたアラフォー主婦♡ 雑学が大好きで気になった事はなんでも調べないと気が済まないタイプです♪ 私の雑学好きが皆さんのお役に立てると嬉しいです^^