一人暮らしの暖房器具選び!ホットカーペットよりお得なのは○○!?

寒い季節になってくると暖房器具は欠かせないアイテムですね。ライフスタイルに合った暖房器具を導入することで、より快適な生活を送ることができます。

しかしその反面、電気代や安全性なども気になるポイントだったりします。特に一人暮らしの場合は、自分が暖かくなれば良いわけですから、出来るだけ効率よくお財布に優しい方法で、快適な生活を手に入れたいですよね。

そこで今回は一人暮らしの人向けに、おすすめ暖房器具を独自の視点・評価を元にランキング形式にてお届けしたいと思います。

一般的にはマストアイテムとも言われている、ホットカーペットよりもお得な暖房器具は一体なんなのか? 早速みていきましょう♪

スポンサーリンク

一人暮らしおすすめ暖房器具ランキング5選

一般的にはマストアイテムとも言われているのがホットカーペットですが、一体何位にランクインしたでしょうか? はたまたホットカーペットよりお得な暖房器具はあるのでしょうか? 早速みていきましょう♪

5位 オイルヒーター

オイルヒーターは、密閉されたオイルによってお部屋全体をムラなく暖めます。そのうえ、オイルの交換や補充も不要なので手軽で便利な暖房器具です。

オイルヒーターは風が起こらないので、乾燥が気にならないのがメリットです。また、安全性も高く、一人暮らしのおうちでも安心して使うことができます。8畳用程度であれば、1万円弱で購入できるので、思ったよりも高くないですよね。

ただオイルヒーターのデメリットは、部屋全体が暖かくなるまで3〜4時間はかかってしまい、その暖かさを維持する為にも一日中つけておく必要があるため、必然的に電気代は多くかかってしまうようになります。

非常に完成度の高い暖房器具なのですが、一人暮らし=自分だけが暖かくなれば良い! という視点から考えると、部屋全体をムラなく暖めてしまうこのオイルヒーターは、今回のランキング的には順位を下げてしまいました。笑

4位 エアコン

やはりエアコンは外せないですね。何と言っても寒い時期だけでなく、夏の暑い時期にも活躍するので、トータルメリットを考えると圧倒的にエアコンに軍配が上がるのではないでしょうか。

ボタン一つで温度調節もできるので、とても便利です。アパートやマンションでは備え付けがあるところも多いので、入居時にチェックしておくと良いでしょう。

ただデメリットは、空気が乾燥してしまい喉が痛くなるとか、インフルエンザなどのウィルスが繁殖しやすくなるって事がありますね。さらにエアコンも部屋全体を暖めるという構造なので、今回のランキング的には評価が下がりますね。笑

3位 ホットカーペット

一人暮らしの暖房器具の王道と言えるのが、ホットカーペットです。部屋全体が暖かくなる訳ではないですが、カーペットの表面だけが暖まっているので、その上にゴロンと寝ると体全体が包み込まれるように暖かくなります♪

必要とされる熱量がそれほど多くない為、エアコンなどと比較すると消費電力が1桁ほど少ないので、電気代もかなり抑えられます。ただこれもホットカーペットの下に断熱性のある銀マットを敷いたり、毛布を併用するなど、少し工夫をした上での結果と言えるかもしれません。

他の暖房器具とうまく組み合わせ出来るところが、ホットカーペットの一番優れているところかもしれませんね^ ^

2位 こたつ

一人暮らしで便利なのがこたつです。足元から温めるだけでなく、テーブルとしても活用することができます。一人暮らし用のコンパクトサイズもあるので、お部屋の大きさに合わせたサイズを選ぶと良いでしょう。

こたつも電気代がお得というメリットがあります。が、気をつけないといけないのは消し忘れです。消し忘れると当然電気代はその分たくさんかかりますし、何よりも火事になる危険性もゼロではありません。

こたつを選ぶ際には、オールシーズン使用できる事を意識して選ぶと良いですよ。暑い時期にはそのままテーブルとして使えますし、冬はそこに布団をかけるだけで簡単にコタツに変身します。

また形にもこだわってみると良いですね。天板の形だけみても、長方形、円形、楕円形、卵型、葉っぱ型など、本当に様々な形を選ぶことが出来ます。こたつだけではなく、部屋トータルのインテリアとして選んでみてください。

1位 電気毛布

私が一番オススメする、一人暮らしに最も便利な暖房器具は電気毛布です。オススメの理由は大きく2つで、それについて簡単に解説しますね。

  1. コスパが圧倒的に高い!
  2. スペース効率がめちゃめちゃ高い!

ますコスパはですが本当にGoodです。電気毛布そのものが2000〜5000円程度で購入できます。更にランニングコストも抜群! 商品によって違いますが、電気代は1時間あたり「強:約0.8円、中:約0.5円、弱:約0.1円」程度です。これって一日付けっ放しだとしても20円程度ですよ!すごくないですか♪

次にスペース効率ですが、そもそもこの電気毛布の為にスペースが必要ってならないですからね。ベットにしろ敷布団にしろいずれにしても寝るところは必要ですから、そこに『合わせ技1本』的な感じで組み合わせれば良いだけですから。

一人暮らしの人の多くは、お部屋にいる時間が短くて帰ってからすぐに寝るという生活パターンの人も多いですよね。電気毛布を導入することで、お布団が温かく、寝心地も良くなるでしょう。

スポンサーリンク

部屋全体か?局所暖房か?ニーズで使い分けよう

一人暮らしの暖房器具を選ぶときには、温める場所の広さを考えることが大切です。部屋全体を温めるのか、局所的に温めるのかによって、必要となる暖房器具は異なります。

温める場所が広くなるほど、電気代などの光熱費もアップするので、無駄がないように必要な部分だけをピンポイントで温められることが重要です。

お部屋全体を温めるのであれば、エアコンやオイルヒーターが便利です。短時間で、お部屋全体を温められますが、その分電気代はかかるのでタイマーや温度設定を上手に活用しましょう。

局所的に温めるのであれば、こたつや電気毛布が便利です。寝るときに布団を温めるだけでなく、ブランケットのように使うことで、手軽に足元などを温めることができます。洗濯できるタイプもあるので、衛生的にも安心です。

ちなみに一度は使ってみたい!!というニーズだけで選定すると、圧倒的に人気なのは『煖炉』ではないでしょうか? 一度はこんな『暖炉』のある家に住んでみたいですよね♪

↓こんな暖炉に憧れています(´∀`)

防寒対策も忘れずに!

暖房器具を手に入れ、暖かい環境を手に入れて一安心!と思ったのもつかの間、実はしっかり防寒対策がされていないと、暖房器具の効果は最大限に発揮されません!

しかも、効率的に暖かくならない為、必死で暖かくしようとする事で、余計な電気代もかかってしまい、せっかくコスパの良い暖房器具を手に入れても、残念な結末を迎えてしまいます。(T ^ T)

防寒対策をする上で大切なのは、場所ごとに適切な対策を行う事です。それはズバリ「窓・床・壁」の3つの場所です。

詳しくは「部屋の防寒対策って?窓や床などの寒さ対策で暖かく過ごす方法!」の記事にまとめていますので、読んでみてください。

更に、今すぐ出来る簡単な防寒対策についても、「寒い部屋が耐えられない人へ!今すぐ出来る簡単な防寒対策5選!」に詳しく解説しています。

5つの方法を紹介していますので、どれか1つでもすぐ実践してもらい、暖房器具の効果を最大限に発揮させ、暖かく過ごしやすい快適な空間を創り上げて下さいね♪

まとめ

いかがでしたか。一人暮らしにおすすめの暖房器具は、電気毛布が一番だと思います。

ただ暖房器具はニーズによって最強のアイテムが変わってきます。温め方や、部屋の大きさ、また部屋にいる時間や暖房器具を使う時間などによって、最適な器具を選ぶことが重要です。正しいチョイスをすることで、電気代もお得に心地よいお部屋で過ごすことができます。

ぜひあなたに合った、最強の暖房器具を探し当ててもらいたいですね♪

この記事の内容はいかがでしたか? ご意見、ご感想がありましたら、コメントしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする