恵方巻きのおすすめ具材は?基本の食材と人気具材ランキング!

節分の季節といえば、多くの人が恵方巻きを買い求めたり、はたまた自分で恵方巻を作ったりする事が流行っているそうです。

最近では、いろいろな具材の恵方巻きがありますが、人気の具材や基本の具材はどのようなものなのでしょうか?

という事で、美味しい食べ方や基本具材、具材ランキングをお届けします♪

スポンサーリンク

恵方巻きの美味しい食べ方🍴✨

恵方巻きを食べる際には、正しい食べ方というものがあると言われています。

恵方巻きは恵方の方向に向いて無言でまるまる1本最後まで食べるというもの。

途中でしゃべると福が逃げることや、神事に由来して無言になったという説もあります。
また、お醤油をつけて食べるのは実はNGなんだとか。

包丁を入れない理由については、縁を切らないようにする為と言われています。

ただどうしてもまるまるかぶりつくのはちょっとという人もいるかと思います。

そんな場合は、最初から包丁で切ってしまうのもありです。
どうせ切るなら、せっかくなので綺麗に切りたいですよね♪

そんなあなたにはこちらの動画をどうぞ↓↓↓

★恵方巻きを綺麗に切る方法★

恵方巻きを食べる前に大笑いをしてから食べるという説も実はあるようです。

恵方を向き、大笑いすることによって、邪気を払うという意味があるようです。

笑うことによって、免疫力を高めストレス解消ににも効果的と言われているので、笑うことはすごく良いですね。

恵方巻きの基本の具材

恵方巻きの基本の具材は、七福神にちなんで7種類巻くと良いと言われています。

しかし、7種類の具がしっかりと決まっているわけではありません。
地方によっても、多少具の種類が変わってきます。

一般的に使われている具は、うなぎ(あなご)、卵焼き・伊達巻、かんぴょう、しいたけ、高野豆腐、きゅうり、桜でんぶが使われていることが多いようです。

七福神にちなんで7種類と言われてはいますが、どの神様にどの具といった決まりはないので、作る時は、お好きな具材を入れると良いですね。

★恵方巻きの作り方★

最近では海鮮が入った恵方巻きが人気です。

↓↓↓関連おすすめ記事
恵方巻きのおすすめレシピは?海鮮巻きの子供受けが意外と良い!!

好きな具を入れてアレンジして食べる恵方巻きもいですね。

スポンサーリンク

恵方巻き具材ランキング(10個、基本を除いて)

こちらは、私の個人的な具材のランキングです。
参考にしてみていただけると嬉しいです🎵

◆10位 ツナ缶

大人にも子供にも大人気!!

ツナマヨにして食べても美味しくいただけますよ。

◆9位 椎茸の煮物

基本の定番としても言われていますが、実は子供より大人の方に人気があります。 

◆8位 ほうれん草

おひたしにして巻くとすごく美味しいんですよ。

胡麻和えやナムルにするなど、いろいろなアレンジが出来て大人気!

◆7位 ニンジン

彩もきれいでおススメです。

にんじんしりしりを作るのもいいですね。

◆6位 カニカマ

子供に大人気のカニカマ。

でも、以外にも大人の方がハマるんですよね。

カニカマは用意するのが簡単なので、子供でもお手伝いしやすいですよ。

◆5位 大葉

大葉はどんな具材にもマッチするのでおススメです。

食欲増進効果も期待できますよ。

◆4位 ウインナーやスパム

細く切って軽く焼いたウインナーやスパムは、子供にも大人にも大人気✨

コストも高くなくお手軽に挟むことが出来るので、すごく人気のある具材なんですよ!!

◆3位 卵

甘めの卵焼きしょうゆベースの卵焼き錦糸卵(きんしたまご)スクランブルエッグなど、好きなようにアレンジできます。

卵は、他の具材にも相性ピッタリでおススメです。

◆2位 海鮮

やはりおすすめは、最近人気のある海鮮ですよ!

子供たちに人気があり、大人にも大人気!

特にイクラが入っているのはすごく豪華で、贅沢した気分になりますよ。

↓↓↓関連おすすめ記事
恵方巻きのおすすめレシピは?海鮮巻きの子供受けが意外と良い!!

◆1位 たくあん

意外な1位がたくあんです。

すべての具材をひきたたせてくれます!
また、たくあんと酢飯の相性も抜群なんです。

サブキャラ的なたくあんですが、たくあん侮るべからずです!!

まとめ

恵方巻きの季節になると、どんな具材を巻こうかいろいろと考える時期になると思います。

七福神にちなんで具材は7種類と言われていますが、これと言って特に決まった具材はなく、好きな具材をアレンジして楽しむと良いでしょう。

↓↓↓一緒に読まれている人気記事♪
恵方巻きの由来は遊女とのあの遊びが関係してる⁈そのセクハラ行為は

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする