生活・ライフスタイル

ダイビング初心者はお店選びが重要!怖いと思うのには理由があった

ダイビング

私が、人生で初めてスキューバダイビングを体験したのは、沖縄の恩納村でした。

ライセンスを取得し機材を丸ごと購入していた、友人から誘われ、訳もわからず始めてたのがきっかけでした。

スキューバダイビングが一体どんなものなのかとか、全く興味がなかったため、恐怖や不安などもなく、体験ダイビングの説明を受けている間、注意点などを説明されるうち、初めて不安な気持ちになったことを覚えています。

しかし、もぐってみると神秘的な海の素晴らしさに大興奮と感動😍✨

ダイビング 初心者 怖い

ダイビングの経験が豊富な友人の配慮のおかげで、初心者の私でも安心して楽しむことができたので、この日を境にダイビングの魅力にハマってしまったのです🌊⚓🔱

今では、海と言えばもぐるもの!と思い込んでいるくらい大好きです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

でもでも、私も色々な人を見てきました。そりゃあ、初心者が誤りやすい勘違いだな~って思ったこともあります。

お店はお客様なんだから、うちのお店は初心者の方はここじゃないですよ。なんて教えてくれないんですよ。

だったら、私がお教え致します🎵✨最後までお付き合い下さいね(^_-)-☆

初心者はお店選びと場所選びが重要

これからダイビングを始めようとする人にとっては、不安はつきもの。海は危険と隣り合わせでもありますし、安心してダイビングをしたいですよね。

では、どういうことが大切なのでしょうか?『初心者の心得』についてみてみましょう。

  • 少人数制であること
  • 初心者ブランク有りの者を対象として、主に運営しているショップ
  • ビーチエントリーできること

では、なぜこのことが大切なのでしょうか?

私が過去ダイビングをしてきた中、この心得が必要だと強烈に思った出来事、2例をあげてご紹介します。

誰にでも起こりうる話だと思いますので、是非参考にして下さいね(*^-^*)

ダイビングは場所選びと自分のペースが大切!

主人と一緒に、沖縄チービシへのダイビングツアーに参加した時のことです。ダイビング初体験の親子2人(お母さまと成人した息子くん)と私達夫婦が一緒に行動することになりました。

チービシは船で行く場所です🚢私が申し込んだダイビングショップ以外にも、いくつかのダイビングショップが同じ船に乗り合わせていました。その日は天候が良くなかったこともあってか、その中の数人が船酔い!到着する頃にはへとへとになられていました。

そして船に乗って移動したということは・・・つまり、海の上で降ろされるボートダイビングだということです。潜降は、ロープをつたって降りていくんです。

ダイビング 初心者 怖い

動画でも実際のロープの降り方を確認しておきましょう🎥

驚くことに、大した説明もなくいざ海へ!

久しぶりだったので感覚を忘れていたり、その日は小雨で海水が濁っていたこともあり、底が見えない恐怖で一瞬緊張が走りましたが、過去何度もしてきた楽しい経験を思い出すと、恐怖もすぐになくなりました✨

しかし、私達夫婦と一緒に行動する予定の親子が、船から降りれない(;^ω^)💦

やっと船から降りてきたかと思うと、海中での呼吸の練習をしても恐怖で息ができない!お母さまはやむを得ずリタイアされました。息子くんは何とか呼吸ができるようになったみたいですが、大した練習もなしで本番( ゚Д゚)

ちなみにその時、ダイビング初体験だった主人は全く問題ありませんでした🤣それどころか、一人凄いスピードで海に降りて行き、ダイビングを何度も経験している私が、あまり耳の痛さでそのスピードについて行けなかったほどです。笑

私も息子くんもそのスピードは無理!って何度も浮上したものです。そのうち息子くんは恐怖で諦めたみたいで、一度浮上して別行動💦

主人は国体にも出たことがある元水泳選手🏊スポーツ全般が得意な彼は、普段から体を鍛えていることもあり、到底ついていけませんでした。

そのことを思い出し、自分のペースでいこうと決意!ゆっくりと体を慣らしながら、深海に降りていくと、それはもう別世界✨🐟それまでは体が慣れないこともあり、海がキレイとか魚がいる!なんて目に入りませんでしたからね💦

耳抜きは大切ですよ。早いスピードで降りていくと、耳抜きができないまま、どんどん耳が痛くなりますからね。本来は、ゆっくりと耳抜きを繰り返しながら降りていくことが正しいです。だんだんと体が慣れるので、怖くないですよ~(#^.^#)

今回の教訓で、自分のペースで楽しむことが大切だということがよく分かった体験となりました~

そして、無理なことは無理!とはっきりと判断をされた、お母さまと息子くんは正解だったと思います。お金はもったいなかったかもしれませんが、誰も命は保証してくれませんからね。

ただ、水泳経験者の主人を除いては、初心者が行く場所ではなかったのかもしれません。

次も、それを決定づける出来事をご紹介しますね。

スポンサーリンク

お店選びやコースを誤ると呼吸の練習ができない!急浮上は危険

ダイビング 初心者 怖い

その後も、勤めていた病院の社員旅行で沖縄へ行ったときに、慶良間諸島へダイビングをしに行きました。そこもまた船で行く場所でした。

その時の私は『カメに出会うんだ』という期待があっての参加でした。それをダイビングスタッフに言っても『時期じゃないから無理ですよ~💧』って言われちゃいました😅

同僚の仲の良い若い男性とのバディーでしたが、ダイビング初体験だって言うじゃないですか~これもまた大して呼吸の練習をせず海に入るものだから、彼も恐怖で海中での呼吸ができない!

何度か一緒に海に降りましたが、どうしても上手く息ができないようで、何度も急浮上💦えっ?!急浮上って肺に凄いダメージがあると言われているのに💨💨

これまた、他のダイビングスクールと乗り合わせの船であったためか、時間もそんなにないと言われ、インストラクターも少しイラつき気味!やむを得ず私だけがもぐることに。かわいそう💦

晴れ空の中のダイビング☀とってもキレイ✨

インストラクターと一緒に泳いでいると、うそっ!なんと小ぶりのカメさんに遭遇😍😍よくばってマンタにも会えないかな~なんて考えましたが、会うことはできませんでした。笑

その後は夢中になってカメさんと泳ぎましたね~🐢動画のようにこんなきれいな海でこんな風にカメさんやお魚とずっと泳いだんですよ~

後からインストラクターに聞いてみると、そのカメさんの名前は『タイマイ』というそうで、絶滅危惧IB類にされている貴重な存在でした。

その数か月後に、妊娠することができましたので、これはカメさんが運んできてくれた幸運だと思い込んでいます💖

もうお分かりいただけましたか??!初心者の方がお店選びや、場所選びを誤ると、大変なことになります。では、どういう点に気を付けると良いのでしょうか⁈では、続きをみていきましょう🎵

 初心者が安心してダイビングをするには?

大切なことですので、もう一度言います。

  • 少人数制であること
  • 初心者ブランク有りの者を対象として、主に運営しているショップ
  • ビーチエントリーできること

初めての人が経験者についていくのは、恐怖ですしとても危険です。

初めての場合は、インストラクターの目が届きやすいよう少人数制で、初心者やブランクがある場合でも対応してくれるコースを選ぶか、それを専門としているお店を選びましょう。

その上でダイビングをする場所が、ビーチエントリーができる場所であるかどうかを考えておく必要があります。

いきなりの深海は、経験者でも一瞬緊張ものです。私の主人のように水泳経験者や自信がある人以外には、海の上で降ろされるボートダイビングはおススメできません。

場合によったは、船酔いも覚悟の上、望まないといけないかもしれませんしね🚢

神秘的で海の世界に浸れるのは、間違えなくボートダイビングではありますが、初心者で恐怖の方が先にきて『二度とダイビングをしたくない』と思うよりは、浅くても順序を誤らない方が良いと思います。

例え、足がつく場所でも無理だという人は、案外誰かに手を握ってもらったりすると落ち着くこともあります。私もインストラクターの方に手を握ってもらうこともよくあります。笑

意識がお魚や景色にいくようになると、恐怖感が薄れ、気が付くと自然に呼吸ができていることもあります。

夢中になると、呼吸は安定してきますし、それよりももっと海にいたい。物足りない!楽しい!って思えちゃいますよ。

ちなみに私は海の中を自分で撮影せず、いつもインストラクターさんに写真をお願いしています。楽しむことに夢中ですからね。笑

スマホで海を撮影をしたい人には、防水ケースがおススメです💖

私の場合、誘ってくれた友人がダイビング経験者であったこともあり、初心者でも安心できるダイビングを考えてくれました。

もし、あなたやあなたが一緒に行く予定のご友人が初心者であった場合、お店選びやコースについて確認をすること。少人数で対応してくれるのかを確認しておきましょう。

私が初めてダイビングを体験記もご紹介しますので、ぜひ参考にして下さいね(*^-^*)

初めて体験したダイビングに感動!当たりでした

ダイビング 初心者 怖い

人生で初めてスキューバダイビングを体験したのは、沖縄の恩納村だとお話しましたが、青の洞窟で有名な、真栄田岬(まえだみさき)に行きました。

真栄田岬は船を必要としませんし、個人でも泳ぎに行くことができる場所ですが、水深が深く、足場がゴツゴツしていたり、潮の流れが早い場所や断崖などもあり、事故も発生しているそうです。

ダイビング 初心者 怖い

シュノーケリングをするだけでも、慣れない場合は、ダイビングショップにお願いしないと危険だと感じました。

しかもビーチエントリーと言って、陸地から海に入ることできる場所なので、初心者の方も楽しめる人気スポットでもあります。

最初はシュノーケリングで海に体を慣らしから始めましたが、あまりの広大な海の景色に気分は絶好調(*^^)v✨

ダイビング 初心者 怖い

ダイビングも足のつく場所からのスタートなので、少しの間、呼吸方法を練習したら、すぐに慣れ恐怖もなくもぐることができました💖あまりの海の素晴らしさに感動し、その後何度もダイビングをしたものです。

ちなみに、私が初めてお世話になったお店はNagiというダイビングショップでした。スタッフの方が、たくさん話しかけてくれて、安心して遊ぶことができましたよ🎵

現在では、併設の託児所や居酒屋があるようですので、とても使い勝手が良いようです。おすすめですよ。

沖縄在中の知り合いに聞いたところ、最近の真栄田岬は、海面・海中・海底どこも人だらけだそうです。笑

早朝に行くと人が少ないそうですので、申し込みの際には早めの時間が良いかもしれませんね。

恐怖で呼吸が整わない場合

ビーチエントリーだとしても緊張してしまい、どうしても呼吸が整わない場合や、急に慌てることがあったとしても、大きく深い呼吸をすると呼吸も整いやすくなります。

呼吸のポイントは、息を吸うんじゃなくて、吐くものなんです。そうすると自然に呼吸が大きくなりますから、精神も安定するものです。水中で息を吸うと体が浮き上がり始め、息を吐くと逆に沈み始めますよ。最初に試してみて下さいね(^_-)-☆

ここで一つ、命に係わる重要事項をお伝えしておきますね。これは、今まで私が体験ダイビングをしてきた中で、一度も説明してもらったことがないと思います。

もしかすると、初めての体験の時に説明があったかもしれませんが、記憶にないということは、緊張して聞き取れなかったのかもしれません。

海水の中で絶対に守るべき注意点

ダイビング中は呼吸を絶対に止めないこと!

水の中で呼吸を止めたまま、急浮上するようなことがあると、肺が膨張して減圧症になってしまうおそれがあります。

時間をかけてゆっくり浮上することが大切です。

必ず守って、楽しい一日を過ごしましょう🎵✨

まとめ

誰だって初めて場合は上手くいかないこともあります。しかし、そのせいであの世界を二度と感じることができないのは、とても悲しいことです。

海をナメしまうと、大事故に繋がり兼ねません。

だから怖いと思う気持ちは自分を守るため。怖くてもいい、それが当たり前だと思って、間違っても情けないなんて思わないで下さいね。

インストラクターから言われる注意点をしっかりと守ること。そして以下のポイントをしっかりと守ることで、怖いという気持ちも最小限に抑えられると思いますよ(*´ω`*)

  • 少人数制であること
  • 初心者ブランク有りの者を対象として、主に運営しているショップ
  • ビーチエントリーできること
  • 自分のペースでゆっくりと
  • 急浮上しないこと

楽しいダイビングの報告お待ちしています🎵✨

沖縄 9月
沖縄旅行を9月に計画の方必見!台風の対策は出発前にしておこう透明度が高く、目が奪われるほど美しいエメラルドグリーンの海⚓🔱🌊沖縄旅行で癒されない人って...

 

この記事の内容はいかがでしたか? ご意見、ご感想がありましたら、コメントしてくださいね。

ABOUT ME
ちえ☆
旅行とウィンドウショッピング♡読書が大好き♪ 幼稚園に通う愛娘4歳と、愛息子0歳、柴犬を育てている30代主婦。 子供は、自分の写し鏡!子供を見て、自分について日々反省と勉強をさせてもらっています。 大好きな言葉は『ありがとう』。 言葉が人を支配すると言っても過言ではありません。 感謝した分、それに比例して幸福感が高まります。 一日200回の『ありがとう』を心掛けています! このパワーワードが私の人生を楽しくしてくれる秘訣です。