生活・ライフスタイル

メガネのフレームが白くなるのはなぜ?その理由と対策を徹底調査!

メガネ フレーム 白くなる
メガネ フレーム 白くなる

メガネのフレームにはいろいろな素材やデザインがあり、アクセサリー感覚でオシャレを楽しむ事ができるワンポイントアイテムだったりしますよね♪

 

しかし、そんなおしゃれアイテムとして愛用しているメガネですが、フレームが白く変色してしまったなんて経験はありませんか?

 

私の友人もメガネ着用してるのですが、つい最近フレームが白くなっていて大騒ぎしていた事があります。その時は、拭いてみてもキレイにならず、友人はメガネと大格闘をしていました。(´∀`)

 

色々調べてやってみた結果、フレームを蘇らせる方法がたくさん見つかり、実際友人にも教えたところ効果ありだったという事なので、その方法も含めて紹介したいと思います。

 

合わせてメガネのフレームが白くなってしまう原因や、そもそもフレームには寿命とかあるの?という素朴な疑問からケア方法まで紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いください♪

フレームが白くなる理由は?

そもそもなんでフレームが白くなるのでしょうか?

 

フレームの変色の主な原因を調べると、それは汚れに起因します。皮脂や化粧品、整髪料などが付着して、それが白く残ってしまうのです。

 

例えば、友達とお揃いでメガネを買ったのに、自分だけ汚れてしまっているということはありませんか。友達よりも皮脂が多かったり整髪料やメイクが濃いと、白くなりやすい傾向があります。

メガネ フレーム 白くなる

私の友人は結構ガッツリ整髪料をつけているので、多分それが原因で白くなったと思っています。友達にそれを教えたら、あっさり納得していました。(^.^)

白くなったフレームの蘇らせる方法

白くなってしまったフレームは、身近にあるアイテムでキレイに蘇らせることができます。その方法を紹介していきます。

歯磨き粉で復活!

メガネ フレーム 白くなる

友達に教えてすぐ効果を発揮しキレイに復活したのがこの方法でした。

 

ただの歯磨き粉ではなく、研磨剤入りの歯磨き粉を選ぶようにしてください。汚れをかきだして落とす働きがあるので、フレームについた汚れを落としてくれます。

 

歯ブラシなどで優しくこすって、きれいになったら水でしっかりと洗い流しましょう。

 

身近にあるもので簡単な方法ですが、素材によっては傷がついてしまうので、注意しましょう。

研磨・バフがけで復活!

新品のようなキレイな状態に戻すことができるのが、研磨・バフがけです。

 

これは、フレームの汚れてしまった部分を削って、汚れていないきれいな内側を出す方法です。

 

メガネ専門店などで行えますが、有料になることもあります。

また、汚れが中まで浸透していたり、研磨できる限度があるので、最終手段として考えておきましょう。

メラミンスポンジ(激落ちくん)で復活!

お掃除用品として、自宅にストックしている人も多いのではないでしょうか。

 

メラミンスポンジも表面を削って、汚れた部分を除去していくものなので、力をいれすぎたり、こすりすぎると逆にキズが出来てしまいます。

ヤスリ、サンドペーパーで復活!

メガネ フレーム 白くなる

汚れの気になる部分をこするだけという手軽さが魅力ですが、ヤスリを使い慣れた人でないと、逆に傷をつけて悪化させてしまい、透明感がなくなるなどのリスクがあります。

ヤスリについて詳しくない人や、使い慣れていない人はやめておいたほうが良いでしょう。

油性ペンで塗りつぶす(黒色限定)で復活!

メガネ フレーム 白くなる

黒色フレーム限定ですが、白くなってしまった部分を油性ペンで塗りつぶすという荒業もあります。

 

ただこれは、最後の最後の必殺技です!( ^ω^ )

 

目立たないところで小さな範囲であれば、やってみても良いですが、広範囲の場合には違和感が出てしまいますので、オシャレ感が無くなり台無しになります。(T ^ T)

 

スポンサーリンク

 

フレームの劣化と寿命は?

メガネ フレーム 白くなる

フレームには寿命があるので、劣化によって変色してしまった場合には、修正が出来ない可能性もあります。

 

フレームの使い方にもよりますが、2~3年が寿命とも言われています。汚れが目立ってきたら、買い替えのサインかもしれません。

汚れたメガネのケア方法

メガネ フレーム 白くなる

フレームを白くしないためにも、メガネのケアは大切です。

 

汚れを落とすために、水の中に数滴の中性洗剤を入れて、その中でメガネを振るようにして洗ってみましょう。

 

その後はキッチンペーパーなどで水気を拭いて、クロスなどの柔らかい布で仕上げ磨きをしましょう。

 

汚れを拭くだけでは、逆に汚れを広げてしまったり、汚れによって傷がついてしまいます。

 

メガネ店などにある超音波洗浄機も効果的です。メガネ愛用者であれば、本体の購入も検討してみましょう。

まとめ

フレームが白くなる理由から復活させる方法を紹介してきましたが、もう一度ポイントをまとめると、

  • 皮脂や化粧品、整髪料などが付着して白くなる
  • 歯磨き粉や激落ちくんを使って磨くと復活する
  • 黒色限定で油性ペンを使うという裏技あり。(自己責任で!笑)
  • フレームの寿命は2〜3年
  • 優しく水洗いし、メガネ用のクロスで拭き取る

 

メガネをきれいに保つためには、日々のケアが大切なことはいうまでもありません。

 

お気に入りのメガネだからこそ、日々感謝の気持ちを込めて、愛情を持ってお手入れをし、あなたの人生を彩る大切なパートナーしてお付き合いしてみてはいかがでしょうか?

 

あなただけの、特別できれいなメガネでおしゃれを楽しんで下さいね!

 

↓↓↓関連記事はこちらから
メガネフレームがバキッと折れた!修理を自分でする方法はあるの?

 

この記事の内容はいかがでしたか? ご意見、ご感想がありましたら、コメントしてくださいね。

ABOUT ME
しゅんすけ
サッカーをこよなく愛し、いつまでも子供のような純粋な気持ちを持ち続けたいと思っている3児のパパさん。 ひょんなきっかけで海外生活を経験し、その経験から自分自身と家族の人生を見直す事に! 自分のモットーは、『自分らしく』と『感謝の気持ちを忘れない』。 自分の人生の主役は自分自身。自分らしく生きる事が幸せへの道しるべ。 自分らしく生きる為にも、自分に関わる全ての人・出来事に『感謝の気持ち』を大切に!