ハロウィンのメイクを簡単に!誰よりも目立つメイクで楽しもう!

ハロウィン メイク

秋のイベントとして、年々注目度がアップしているハロウィンですが、今年こそハロウィンイベントに参加しよう!!と予定を組んでいる人もとても多いと思いのではないでしょうか?

我が家も子供関係のイベントで、ハロウィンパーティーが増えてきているので、毎年コスチュームやメイクにも悩んでしまっている今日この頃です。。。^^;

定番のメイクでは、だんだん物足りなく感じてしまうので、今年こそは、周りと差を付けた目立つ本格的なメイクにも挑戦したいなんて考えているあなた!

何を隠そう我が家もそんな思いでいっぱいなんですよ♪

ということで、今年のハロウィンはいつもと違ったメイクにチャレンジする為、誰よりも目立つ!をコンセプトにハロウィンメイク法をお伝えしたいと思います!

それだけではなく、本格派のハロウィンメイクの方法やポイントなども紹介していくので、ハロウィンイベントに参加を考えている人は、ぜひチェックしてみて下さいね。

↓ハロウィンの由来を詳しく知りたい人は!

秋のイベントとして、今最も注目度がアップしているのが、何と言っても『ハロウィン』ではないでしょうか(๑>◡<๑) 我が...

それではさっそく行ってみましょう〜♪

スポンサーリンク

ハロウィンメイク 誰よりも目立ちたい編

ハロウィンメイクは、毎年エスカレートしていますよね。そんな中でも目立つためには、さらに手の込んだメイクをすることが大切なのは、間違い無いですね、

ハロウィンメイクで目立つためには色々な方法があるとは思いますが、その中でもオススメなのが以下の2つです。

  • なりきりメイク
  • ガイコツメイク

それでは、一つずつメイク法を解説していきますね♪

なりきりメイク

なりきりメイクは、何と言ってもコスプレをするキャラクターになりきることが大切です。

そのキャラクターを研究して、メイクの方法や、ヘアスタイルなど完全にコピーしちゃいましょう!

youtubeをみたら、たくさんのなりきりメイク方法を解説してくれている動画があります。その中でも秀逸な動画を何点か紹介したいと思います。(^ー^)

リメンバー・ミー イメルダ風メイク

2018年のハロウィンには、やっぱり「リメンバー・ミー」のなりきりメイクがオススメですよね♪

ハロウィンのテーマとバッチリ世界観が合っているリメンバー・ミーですから、今年やらないでいつやるんだ!って感じですよね。

その中でもモデルにするなら、やっぱりイメルダ(ひいひいおばあちゃん)ですよね!

動画を参考に、あなたなりのイメルダメイクを実施してみて下さいね(°▽°)

アナと雪の女王 エルサ風メイク

大ブームを巻き起こした、アナと雪の女王のなりきりメイク動画です。

使用するメイクのカラーやアイラインの引き方など、細かい部分までしっかりコピーすることで、より本物に近くなりますよ。

スプラトゥーン 顔面メイク

子供にオススメなのが、このスプラトゥーン 顔面メイクです。

ダイソーに売っているマジカルペイントを使うだけなので、簡単に出来る上にお財布にも優しい!とてもコスパに優れたなりきりメイクですね♪

友達同士でワイワイ騒ぐには、バッチリのメイクです!ぜひ試してみて下さい♪

ガイコツメイク

手の込んだコスプレをしていなくても目立つのが、やっぱりこれ、ガイコツメイクですね。

ガイコツメイクは少しテクニックの必要なメイクなんですけど、きれいに完成すると、圧倒的に目立つメイクですよね。

シンプルなコスプレであっても、顔半分だけガイコツメイクをするだけで、インパクトのあるコスプレになる事、間違いなしです!

スポンサーリンク

ハロウィンメイク 本格派

ハロウィンメイクも、本格派ともなるとその完成度もかなり高いものばかりです。

こんなかわいい子でも。普段の顔からは想像がつかないほど、グロテスクな仕上がりになってしまうなんて驚きです。(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

また、やはり海外では本格的なメイクをする人も多いようです。

手の込んだメイクに、すれ違ったら絶対に振り向いて二度見してしまうレベルばかり。

ホラー系メイクも、きれいな顔立ちだとおしゃれに見えてしまうのも不思議ですよね。かわいい系もガイコツなどのハード系も、どちらも似合ってしまうのが不思議です。。。

そのときの気分やコスチュームの雰囲気に合わせて、メイクも変えていくことが、より完成度を高めるためのテクニックですので、参考にしてみて下さいね。

ハロウィンのコスプレについては、「ハロウィンの仮装!個性的でめちゃくちゃ目立つコスプレを大紹介!」の記事で詳しく解説しています♪

秋のイベントとして最近注目度がアップしているのが、「ハロウィン」です。 ハロウィンイベントも多く開催されているので、今年こそは参加...

ハロウィンメイク 定番編

ハロウィンメイクの定番といえば、ホラーメイクです。

血のりや傷、あざなどをメイクに取り入れて、わざと怖さをアップさせるのが定番メイクですね。

最近では、血のりだけでなく、傷やあざのメイクが簡単にできるシールなども販売されているので、上手に取り入れると、メイクが苦手な人や初心者でも上手に仕上がるんですよ。

いくつか紹介したいと思います。

血のりメイク

血のりメイクも、材料二つで簡単にできるテクニックが紹介されています。

ハロウィンのために血のりを購入するのも、使い切らないことを考えると少しもったいないですよね。

手持ちの材料で血のりが作れれば、気軽に血のりメイクに挑戦することもできます。

血のりの作り方は簡単です。

ワセリンに血液に似たリップカラーを混ぜるだけです。

少し黒みがかった赤を選んだり、いつも使っている赤リップに黒を足したりするとリアリティが出やすいです。

血のりが出来たら、顔全体のメイクにも一工夫してみましょう。

目の周りや口周りなど、あざのようにダークカラーを塗って、その上に血のりを乗せると、よりリアリティがアップします。

傷メイク

特殊メイクでしかできないようなイメージがある傷メイクも、実は家庭にあるものを使って簡単に自分で作ることができます。

用意するものは液体のりとティッシュ、赤い絵の具、リップグロス、ダークブラウン系のアイシャドウだけでいいんです。

まずは、傷を作りたい部分に液体のりを付けて、そこに細かくちぎったティッシュを貼っていきます。

何度も繰り返し行い、皮膚の上にしっかりとティッシュの塊が張り付いているような状態にしましょう。

最初は広めの範囲からスタートして、じょじょに傷にしたい部分を厚めにしていくと、よりリアリティのある傷メイクができます。

ティッシュの土台が出来たら、傷にしたい部分をハサミで切り開きます。

傷口が開いたような形にしたら、ファンデーションを使って、ティッシュを肌の色に近づけます。

傷口部分に絵の具で色を付けたら、グロスで光沢を出します。

最後に傷周りをアイシャドウであざのような影を付けたり、肌のくすみを表現すれば完成です。

オフしたいときには、ティッシュごとはがすことができるので、後処理もとても簡単です。

スポンサーリンク

あざメイク

あざメイクはハロウィンでは欠かせないメイクテクニックの一つです。

難しそうなあざメイクも、アイシャドウで簡単に作ることができます。

きれいに仕上げるポイントになるのが、使用するアイシャドウのカラーです。微妙なカラーの違うアイシャドウを重ね塗りすることで、よりリアリティのあるあざメイクが完成します。

使用するアイシャドウは100均などで売っているもので十分です。

ベースとなる暖色系(くすみがかったオレンジ系が肌馴染も良くおすすめです。)のシャドウの他に、ブルー系、ブラウン系のシャドウを用意しましょう。

あざを作りたいところに、ベースの暖色系カラーを塗っていきます。きれいに塗らなくても良いので、指でとんとんと叩くようにして伸ばしましょう。

色むらがあったほうが、リアリティがでます。ベースを塗ったら、そこにダークパープルや黒などを使ってくすみを出していきます。

ダークカラーは一度塗ると落としにくくなるので、薄く塗っていくようにしましょう。グレーやブラック、ネイビーなど同系色を重ねたり部分的に使い分けをしたりするとよいでしょう。

ダークカラーのバランスをみながら整ってきたら、赤みを入れていきます。暖色系のブラウンや赤系のシャドウをほんのり重ねていきます。

全体的なバランスを見ながら色の濃淡をつけていけば完成です。

カラーを乗せるときには、指でとんとんと叩きつけるようにしておくことで、色むらがでたり、絶妙なカラーが出せたりするので、指を使うことがおすすめです。

魔女メイク

コスプレで人気の魔女ですが、せっかくコスチュームを揃えたら、メイクもしっかりしたいものです。

魔女メイクのポイントは、目元とリップカラーです。眉毛は細めにすっきりとさせましょう。

魔女メイクのポイントになる目元は、ブルーやブラック系のシャドウを使うとマッチしやすいです。

自分の目の幅よりも広くシャドウを塗ったら、アイライナーをしっかりと引いてきます。

全体的に太めのラインを作って、目尻はつり目に見えるようにつり上げたラインを長く太く引きましょう。

アイラインの形に合わせてシャドウも塗っていきます。また、下まぶたにもシャドウを塗ってラインを引いていってください。

目尻は上まぶたのラインに合わせて目尻から自然と合うようにしていきましょう。長めのつけまつげをつけて、目元を強調したら、目元のメイクが完成です。

後は、リップカラーを紫やワインレッドなどコスチュームのカラーに合わせて、目立つ色をチョイスしましょう。

ゾンビメイク

ゾンビメイクは、完成度が高いと目を引くメイクの一つです。

ゾンビメイクの基本は、傷メイクとあざメイクです。

顔全体の血色を悪く見せるために、目の下にはクマをイメージして、ダークカラーのシャドウを塗っていきます。

チークやハイライトは使用せずに、バランスを見ながら傷メイクを施します。傷の周りや、口周りなどには、あざメイクを入れると、よりゾンビ感が出るでしょう。

カラーコンタクトで黒目を小さく見せるコンタクトを入れたり、血のりメイクで口やおでこ、目元から出血しているようなテクニックを混ぜても良いでしょう。

全体的なバランスをみながら進めていくことが、上手に完成させるためのポイントです。

まとめ

毎年賑わいをアップしているハロウィンイベントですが、日本ではコスプレがメインの行事にもなりつつあります。

せっかくハロウィンを楽しむのであれば、思い切った目立つメイクを今年は選択してみませんか!?

メイク用品だけでなく、いろいろなグッズを使うことで、より簡単にリアリティのあるメイクができます。

プチプラでも本格的なメイクができるので、初めてハロウィンイベントに参加する人でも、気軽に楽しむことができますよ。

↓関連記事はこちらから!

今や日本の秋の風物詩の一つとなったハロウィン🎃 秋になると、テレビで特集が組まれたり、いろいろなお店でハロウィン用...

この記事の内容はいかがでしたか? ご意見、ご感想がありましたら、コメントしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする