初節句の内祝い両親へはどうする?喜んでもらえる最高のお返しを

内祝い

子供の成長を願ってお祝いをしてくれる両親は、とてもありがたいものです💖特に初節句には、お祝いをくれたり、お節句の人形などを用意してくれたりするものです。

一般的には初節句のお祝い返しは食事の招待で良いとされていますが、私は両親であっても気持ちだけのお返しは必要だと思います。

高価なものでなくても、ちょっとした品物を選んであげることも、気持ちを添えることに繋がり、親孝行の一つとなるのではないでしょうか。その心は必ずご両親に届くはずですよ(^_-)

私の場合は、記念に残る手形・足型のキーホルダーと、手土産のカステラをプレゼントしたものです。お祝いをしてもらったら、お返ししたい気持ちになるのが人間ですよね。

気を遣わせないようにしたかったので、何をあげようか私も色々と悩んだものです。両親に喜んでもらえるお返しをあげるにはどのようにしたら良いものでしょうか?

悩んでおられる方も多いと思いますので、一緒に考えてみましょう🎵

スポンサーリンク

気を遣わせず喜んで受け取ってもらえる内祝い

親戚や友人などに対する内祝いと異なり、両親への内祝いは気を遣わずに喜んで受け取ってもらえるものが良いです。あまり高額なものはかえって気を遣わせてしまったり、使わないものを渡しても喜んでもらえません。

実用的なものよりも、両親にとっては、子供の成長を実感させてあげることが、喜んでもらえるポイントになります。

両親へのお返しに手型・足型キーホルダーや写真入りのキーホルダーなど、身に着けておくと子供の存在を感じることができるアイテムはとても人気です✨


もともと内祝いの意味は、お祝いのお返しという意味ではなく、お祝いをみんなで分かち合うことから始まりました。

そのため初節句のお祝いで食事会の際は、気を遣ったお返しよりも、こういったキーホルダーであれば、もらっても嬉しいと思います💖

私の両親は、キーホルダーをガラケーに付けてくれていました。いつでも子供の存在を思いだすことができますから、とても喜んでくれましたよ~お薦めです🎵

スポンサーリンク

両家の祖父母へ同じ内祝いでいい?

これまで、キーホルダーがお薦めという内容で書いていますが、ちゃんとした内祝いもしたいという人もいると思います。どちらの祖父母にもお祝いをもらったら、お返しをしたくなるものです。

その場合悩むのが、両家の祖父母への内祝いを同じ品物でよいのかという点です。

地域によっても異なりますが、ひな人形、こいのぼり、五月人形は母方の祖父母が買い与えることが一般的です。そのため、どうしても母方の祖父母の方が、金額の相場が上がってしまいます。

これを見て下さい。母方の祖父母の相場が高い理由がわかります。

今は、結納をしない夫婦も増えていますが、この頃の結婚には嫁ぎ先の家が結納金を、嫁ぐ家が嫁入り道具を用意するのが一般的な習わしでした。 その為、雛人形以外にも、お宮参りの晴れ着やはま弓(羽子板)、鯉のぼりや旗など、子どもの成長を祈る品のほとんどは嫁入り道具として扱われてたのです。

引用:鯉のぼり五月人形専門店ぷりふあ 

一見、母方の祖父母が負担が多く見えますが・・・父方の祖父母からは結納金を、母方の祖父母からはお人形を嫁入り道具として扱われていたということですから、同じ品物を内祝いにしても良いのかもしれません。

内祝いの品物は、必ずしも同じものを用意する必要はないので、柔軟に対応すると良いでしょう。

私の場合は、両家にカステラを内祝いに手渡しました。調べてみると美味しそうなスイーツが色々とあるようです🎵ご両親の好まれそうなものを選ばれると良いですね💖

食事会に出席できない両親への対応

内祝い

初節句の食事会をセッティングしても、都合が合わなかったりで、食事会に出席できないけれどお祝いをくれた両親には、改めて内祝いを持って顔を出してあげるのもよいでしょう。

特に体調が優れないことが理由で食事会に来れなかった場合には、子供の顔を見せに行ってあげることは、とても喜ばれるものです。

初節句のお祝いに写真を撮っていれば、写真と菓子折りなどを用意してあげると良いですね💖

両親には品物でお返しをするよりも、子供の成長を知らせるために、子供の顔を見せにいったり、一緒に出掛ける機会を作ってあげる方が喜んでもらえることもあります。

品物を準備することができなくても、一番のプレゼントは、かわいい子供顔を見せに行くことだということは忘れないで下さいね。

↓↓↓一緒に読まれている人気記事♪
『初節句で女の子のお祝い金はいくら渡す?知っておきたい相場!』

『初節句の服装』親や兄弟は何を着たらいい?洋服選びのポイントは?

親戚への内祝い

両親への内祝いは、金額や品物もそれほど難しく考える必要はありませんが、親戚への内祝いはしっかりとする必要があります。

内祝いは、一般的に頂いたお祝いの半額程度が目安とされています。地域によって風習が異なることもあるので、その地域の風習をきちんと聞いておくと良いでしょう。

食品などが内祝いに使われることが多いものですが、嗜好が分からない相手などにはカタログギフトが便利です。

カタログギフトは、受け取った人が好きなものを頼むことができるので、贈る側も悩まずに喜んでもらえるというメリットがあります✨

価格も、幅広く用意されているので、選んで送ると良いでしょう。

まとめ

内祝い

子供のお祝いをしてくれる両親へ、感謝の気持ちもこめてお返しを用意するのは、何度もあることではありません。

地域やそれぞれの家庭ごとに事情は違いますが、何よりも両親への喜ぶ顔が見たいですよね✨子供の成長を一緒に感じることができるように、写真や足形手形を使ったアイテムを用意すると、特別なプレゼントとなり、より一層喜んでもらえるでしょう。

成長をお祝いする節目に、お祝いをしてくれたお返しと感謝の気持ちを込めて、両親や親戚に喜んでもらえるような贈り物を探してみましょう💖

↓↓↓一緒に読まれている人気記事♪
『初節句で女の子の場合は何をする?知っておきたいお祝いの仕方を解説』

『初節句で女の子の服装はどうする?月齢に合った衣装の選び方』

こちらの記事のご意見、ご感想をお待ちしています🎵

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする