イベント・行事

バレンタインの由来を知ってる?チョコを渡す理由が衝撃的だった!

バレンタイン 由来
バレンタイン 由来

もう少しでバレンタインデーですね。

 

バレンタインデーといえば、今やクリスマスと並ぶ「男女のドキドキイベント」と言えるのではないでしょうか?

 

私も小中学生の頃は、バレンタインデーが近づくとホントにドキドキしたものです。自分の好きなあの娘が、一体誰にチョコを渡すんだろう?っていう事をずーっと考えてました。(もちろん俺だよね!?って思いながら。。。笑)

 

そんな日本人の国民的イベントとも言うべきバレンタインデーですが、ふとバレンタインデーってそもそもなんなの?とか何でチョコレートを渡すんだろう?とか疑問に思った事はありませんか?

 

調べてみると思いもよらない驚きの理由が隠されてたりしました。(特にチョコレートを渡す理由は衝撃的!)

 

という事で今回は、より一層バレンタインデーを楽しむためにも、バレンタインの由来をはじめ、なぜチョコレートを渡す事になったのか、はたまた海外のバレンタインデーってどうなの?という気になる事をまとめてみました。

 

色々知る事で、今までとは違ったバレンタインデーの楽しみ方が出来るのでは?と思います♪

バレンタインの由来を解説

バレンタイン 由来

バレンタインの由来は、3世紀のローマで殉教したキリスト教の聖人の名前からきています。

 

Wikipediaによると、

バレンタインデー(英: Valentine’s Day)、または、聖バレンタインデー(セイントバレンタインデー、英: St. Valentine’s Day[† 1][† 2])は、2月14日に祝われ、世界各地でカップルの愛の誓いの日とされる。もともと、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日だと、主に西方教会の広がる地域において伝えられていた。

という事です。ちょっと小難しいですね。(´∀`)

 

この後も、まだまだその由来は続いていくのですが、小難しいとなかなか頭の中に入ってこないので、超シンプルにわかりやすく?要約すると、

3世紀のローマ帝国は国が結婚を禁止していた時代なんだって!
だから愛し合っていたカップルが結婚できなくて、みんな困っていたの。
そんな可哀想なカップルの為に、国に内緒で結婚させてあげてたのが、
バレンタインっていうキリスト教の人だったんだよ。
だけどバレンタインさんは国のルールを破っている事がバレて処刑されちゃったの。
その処刑された日が2月14日。
後のキリスト教徒たちがそんなバレンタインさんに感謝する為に
2月14日を「恋人たちの日」=バレンタインデーとして祝うようになったんだって。

とこんな感じでまとめられそうです。もし子供に聞かれたらこう教えてあげればわかりやすいんじゃないでしょうか。♪(´ε` )

 

もっと正しい知識を知りたい人は、こちらのWikipediaをご覧ください。^^

なぜバレンタインデーにチョコを渡すの?

バレンタイン 由来

さて、由来もわかったところで、次に気になるのはなぜバレンタインデーでは女性が男性へチョコを渡すのか?って事ですよね。

 

実は調べると色んな諸説があるようです。

  • 神戸モロゾフ製菓説
  • メリーチョコレートカンパニー説
  • 森永製菓説
  • ソニープラザ説
  • 伊勢丹説(お菓子会社との組み合わせ)

 

一番古いのが神戸モロゾフ製菓説で、バレンタインチョコについての広告を出したのが1936年だったと言われています。

 

またよく聞かれるのが伊勢丹説で、これはデパートで一番最初にバレンタインチョコのフェアをしたからだと言われています。

 

スポンサーリンク

 

で、ちょっとここで違和感を感じた人はいませんか? 私は違和感を感じまくりです。

 

何がって、バレンタインの由来は少し悲しいけどロマンチックな出来事から生まれてるのに、我々が当たり前だと思っている『バレンタインデー=チョコレート』の構図って、全然ロマンチックな諸説じゃないですよね。

 

バレンタイン 由来

 

というか、完全にチョコレートを売る為に、バレンタインデーというロマンチックなイベントを利用したお菓子業界の陰謀?いや販売戦略じゃないですか。。。(・_・;

 

現在のバレンタインデーは、なんと1年で消費するチョコレートの20%が消費されるんだとか。これは単純に約3ヶ月分のチョコレートがたった1日で消費されている事を意味しています。

 

お菓子会社の綿密なマーケティングにより、これだけの成果を生み出していることは凄い事ですが、私が小さいころドキドキしながら受け取っていたチョコレートの裏にはそんな陰謀?いや販売戦略があったなんてΣ(゚д゚lll)

 

そう考えると、なんかちょっと悲しい気持ちになりませんか。。。(どんだけセンチメンタルなんだよ、と突っ込まないで下さいね。^^;)

 

スポンサーリンク

 

海外のバレンタインデーってどんな感じ?

バレンタイン 由来

日本ではそんなお菓子会社の隠謀?(しつこい?笑)に踊らされて、女性が男性へ愛情を伝える手段としてチョコレートを渡していましたが、ふと海外に目を向けてみるとどうなんだろう?って思ったりしませんか?

 

私も海外生活を経験した事もあるという事で、とても気になったので調べてみました。

 

日本と違って海外は結構ロマンチックでしたよ。٩( ‘ω’ )و

お隣の国 韓国は?

韓国は日本とよく似ており、女性から男性へチョコレートをプレゼントする文化のようです。

 

ただその熱狂ぶりは日本も凌ぐ勢いのようです。バレンタインデーが近づくと、雑貨屋さんとかパン屋さんまでもバレンタインデーに向けてチョコレート屋さんに大変身するんだとか!

 

それ以上に驚くのが、韓国には毎月14日に恋人同士のイベントが設定されてるんだとか。

 

恋人同士で映画を見たりワインを飲んだりカレーを食べたりと、とにかく業界のマーケティング効果がハンパないようです^^;

微笑みの国 タイは?

私が昔住んでいたタイは、かなりロマンチックです。タイでのバレンタインデーは男性から女性にバラの花束を贈る事が定番です。

 

バレンタインデーになると、大通りには出店の花屋が出現し、大量のバラの花が売られています。歓楽街に行けば、小さい子供がバラの花を売ってたりもします。

 

男性陣もお目当の女性に愛を届ける為に、1本でも多く渡す事が愛情のしるしと言わんばかりに、バラの花束を抱えて意中の女性の元に向かう人が多数出現します。

 

またハートのシールを貼り合う事も流行っていますね。バッグやスマホケースや服やら、なんなら顔までペタペタとハートのシールをお互い貼って楽しんでいます。

イスラム諸国は?

イスラム教の国々では、バレンタインデーを祝う事は宗教的に全面禁止となっているようです。

 

ただ実際は多くの人がバレンタインデーを祝っているようで、バレンタインデー向けの商品もあるようです。

 

ただ取り締まりは厳しく、ひどい場合にはバレンタインデーを祝うものは極刑もありうる、なんて事を言われているようです。

 

ちょっと怖いですよね。。。(゚ω゚)

 

スポンサーリンク

 

ヨーロッパは?

イギリスでは19世紀頃から日本と同じようにお菓子メーカーの戦略で、チョコレートを贈る習慣が始まったようです。

 

またチョコだけではなくカードも添えて贈る事が一般的です。ただ好きな女性に贈るカードは匿名なんだとか。

 

一体誰から贈られたのか?イギリスの女性たちは妄想しながら心踊らせているんでしょうかね♪(´ε` )

 

イタリアやフランスでは、ロマンチックな場所へ旅行へ行ったり食事へ行ったりする事が多いそうです。

 

ヴェネチアやパリなど素敵なところがたくさんありますもんね。

 

また、真っ赤なバラを男性が女性に贈る事も多いようです。ビシッとスーツに身を包んだイケメンがバラを贈るところは、映画のワンシーンのようで絵になりますよね。

アメリカは?

アメリカは、男性から女性にプレゼントを送ります。

 

花とカードが定番のようですが、高級アクセサリーや高級ジュエリー、ハート形のバルーンやはたまた豪華ディナーと、プレゼントも人それぞれのようです。

 

アメリカのバレンタインは、愛の告白というよりも恋人や家族などに感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈るそうですよ。

 

↓↓↓↓↓↓一緒に読まれている人気記事♪
バレンタインは職場に手作りすると迷惑?喜んでもらう方法は?

まとめ

いかがでしたか?

 

バレンタインに渡すチョコレートには、大切な男性への思いを伝える特別でロマンチックなアイテムだと思っていましたが、実際はロマンチックもクソもないお菓子業界のビジネス戦略だったなんて、ちょっと残念な話ですよね。

 

海外では、女性から男性へというよりも男性から女性へ思いを伝える場合が多く、またバラの花束や高額なプレゼントを贈るなど、とてもロマンチックな一面が伺えますよね♪

 

日本も、チョコレートを贈るというしきたりに縛られるのではなく、お互い愛を確かめ合う多種多様なロマンチックなイベントになると良いですね♪

 

早速あなたも次のバレンタインデーでは、バラの花束でも贈ってみてはいかがでしょうか!=(^.^)=

 

ご意見、ご感想がありましたら、コメントくださいね。

ABOUT ME
しゅんすけ
サッカーをこよなく愛し、いつまでも子供のような純粋な気持ちを持ち続けたいと思っている3児のパパさん。 ひょんなきっかけで海外生活を経験し、その経験から自分自身と家族の人生を見直す事に! 自分のモットーは、『自分らしく』と『感謝の気持ちを忘れない』。 自分の人生の主役は自分自身。自分らしく生きる事が幸せへの道しるべ。 自分らしく生きる為にも、自分に関わる全ての人・出来事に『感謝の気持ち』を大切に!