生活・ライフスタイル

ホーチミン国際空港のラウンジを徹底レビュー!満足度は高かった!

ホーチミン国際空港

つい先日、ベトナムの最大の街であるホーチミンにプライベートで行ってきました。

仕事関係では何度か行ったことがありますが、今回初のプライベートでのひとり旅。ベトナムを堪能してきました。( ^ω^ )

そんなホーチミンの空の玄関口と言えば、タンソンニャット国際空港。

ただ国際空港とは言っても、何というか華やかさがなく快適さ、利便性はちょっと・・・という感じです。まあ、社会主義の国なのでしょうが無いのでしょうか。^^;

とは言っても、ラウンジを利用すればそこは話は別です。ラウンジ利用で快適な空港ライフを十分楽しむ事が出来ます♪

という事で、今回はプライオリティパスを持っていれば入る事が出来る、オーキッドラウンジを徹底的にレビューしたいと思います!

思った以上に満足度は高かったので、しっかりその快適さをお伝えしたいと思います♪

それではさっそくいってみましょう(^O^)

オーキッドラウンジ(ORCHID Lounge)

ホーチミン空港 ラウンジ

タンソンニャット国際空港でプライオリティパスが使えるラウンジは、オーキッドラウンジです。

調べると、プライオリティパスで利用できるラウンジがコロコロ変わっているようですね。

ホーチミン空港 ラウンジ

以前はアプリコットラウンジだったり、バンブーラウンジ、ローズラウンジだったようです。2018年3月現在はオーキッドラウンジですよ。

場所は?

ホーチミン空港 ラウンジ

オーキッドラウンジの場所ですが、出国審査を終えて手荷物検査を超えた先の17番ゲートの近くにあります。

ホーチミン空港 ラウンジ

このような案内板があるので、それに従って下さい。

ただ自分はちょっと迷いました。こんなにはっきり案内板書いてるじゃん!と思われるかもしれません。

でも、ラウンジの入り口は下の写真のような入り口なんですよ💦

ホーチミン空港 ラウンジ

写真にも書いている通り、人ひとりが通れるくらいの大きさの自動ドアの先が、ラウンジだったんですよ。。。

ってか、ラウンジの入り口、しょぼくないですか!?!?

まさかこんなところが入り口な訳ないだろ!!って思ったわけで、この周辺を3周くらいうろうろして探してしまったのです。。。(ー ー;)

皆さんは、決して「しょぼっ」って思わず、すぐに入って下さいね。^^;

営業時間や利用条件は?

国際線ターミナルは24時間オープンしてるんだから、そこまで開けるならいっそのこと24時間営業にしてくれよ!って思っている人は私だけではないはずです。^^;

利用資格は、プライオリティ・パスやその他カード会員向けなどになります。

私はプライオリティ・パスで入場しました。もちろん搭乗券も必要ですよ。笑

ラウンジの中は?

ホーチミン空港 ラウンジ

先ほど写真で紹介した入り口を通ると、階段かエレベーターで下に降りると、受付とラウンジ があります。

ホーチミン空港 ラウンジ

ラウンジを上から撮影するとこんな感じ。

どっしりとしたソファと木目を使ったインテリアで、ベトナム感?が溢れているのではないでしょうか(^。^)

ホーチミン空港 ラウンジ

ラウンジの入り口の横には、ちょっとしたビジネススペースが。パソコンとともにプリンターも設置されていました。ビジネスマンにとってはありがたいですね。

ホーチミン空港 ラウンジ

こちらがラウンジ全体のマップです。トイレもラウンジ内にあるので便利ですね♪

ホーチミン空港 ラウンジ

なかなか綺麗で清潔なトイレでした。やっぱりトイレは綺麗じゃないとイヤですよね💦

スポンサーリンク

食事メニューはどう?

ホーチミン空港 ラウンジ

それではラウンジの楽しみの1つでもある食事メニューについてレビューしていきますね。

ホーチミン空港 ラウンジ

野菜炒めと米麺、そしてパスタ、ナポリタンです。

ホーチミン空港 ラウンジ

茹で卵と肉じゃがとチキンカレー。茹で卵の量がハンパないですね(´∀`)

ホーチミン空港 ラウンジ

ハムとチーズとトーストです。もちろんフランスパンも。

ベトナムは元フランス領という事もあり、フランスパンはどこでもありますね。そして美味しいから言うことなし!

ベトナムといえばやっぱりフォーでしょ♪

ホーチミン空港 ラウンジ

という事で、もちろんありました、ベトナム名物のフォー。

奥の容器に米麺と具材がすでに入っていますので、お好みの薬味を入れて最後に自分でスープを入れて完成です。

スイーツ&ドリンクコーナー

ホーチミン空港 ラウンジ

こちらがスイーツコーナー。

南国のフルーツ達が盛り沢山です!他にもティラミスといった定番ケーキだけではなく、ピーチケーキ、コーヒーケーキというケーキもありました。

ホーチミン空港 ラウンジ

こちらはドリンクコーナー。コーヒーマシンに紅茶やライムジュースも。ワインも数本置いてありました。

ホーチミン空港 ラウンジ

缶ジュースや生ジュースも豊富に揃っています。もちろん缶ビールもフリーです。

ホーチミン空港 ラウンジ

お味の方ですが、なかなかのクオリティーでしたよ。せっかくなのでビアバーバーを片手に頂きました。

ホーチミン空港 ラウンジ

もちろんフォーも食べましたよ!手作りだと見た目は映えませんが、美味しかったです(o^^o)

空港の中で混雑したお店で高いお金を払って食べる事を考えると、ゆったり落ち着いて食べれるラウンジはホント最高ですね。

こんな素敵な空間とリラックスを提供してくれる最強のチケットである、プライオリティ・パスにはホントありがとうって気持ちでいっぱいですね。

スポンサーリンク

 

ラウンジを利用するならプライオリティパスを手に入れよう!

プライオリティパス

空港ラウンジに入る方法は色々ありますが、一番オススメはこちらのプライオリティパスを手に入れる事です。

このプライオリティパスカードを持っていれば、世界中に1,000箇所以上あるラウンジに自由に入る事が出来ます!

このプライオリティパスカードですが、普通に手に入れようとするとプレステージ会員でなんと年会費399ドル(日本円で4万円以上!!)もしてしまいます。

このカードの為に流石にこんな金額は出してられない!ですよね。

しかし諦めないで下さい!プライオリティパスが付帯されているクレジットカードは何種類もあります。

そんな中でも、プライオリティパス付帯カードの中で、圧倒的にコスパが高いカードは、何と言っても”楽天プレミアムカード”なんです!

年会費は10,800円かかりますが、普通で手に入れようと思うと4万円以上かかってしまうプライオリティパスのプレステージ会員に、無料でその権利を手に入れる事ができるんですよ!

これは驚愕としか言いようがありませんよね。

↓↓↓お申し込みはこちらから

楽天プレミアムカード

私もそうでしたが、プライオリティパスを手に入れるなら、楽天プレミアムカード一択しかないですよ!!

まとめ

タンソンニャット国際空港自体は快適さや利便性には物足りなさがありますが、そんな不満もラウンジに入れば、全くの別世界です。

食事メニューも充実して降り、ラウンジ内の雰囲気もとても良く、出発前にゆっくりリラックスする事ができますね。

私が立ち寄った時は、全然混んでいなかったので、余計ゆっくり過ごすことができました。

入り口が分かりにくいという難点はありましたが、あなたの旅の思い出の締めくくりを素敵に演出してくれることは間違いないでしょう。

ぜひ、タンソンニャット国際空港に行く機会があれば、立ち寄ってみて下さいね♪

コーラル
ドンムアン国際空港のラウンジを徹底レビュー!オススメはコーラル!現在は主にLCCの専用ターミナルとして使用されている、タイのバンコク北側に位置するドンムアン国際空港。 ドンムアン国際空港には、航空会...

 

この記事の内容はいかがでしたか? ご意見、ご感想がありましたら、コメントしてくださいね。

ABOUT ME
しゅんすけ
サッカーをこよなく愛し、いつまでも子供のような純粋な気持ちを持ち続けたいと思っている3児のパパさん。 ひょんなきっかけで海外生活を経験し、その経験から自分自身と家族の人生を見直す事に! 自分のモットーは、『自分らしく』と『感謝の気持ちを忘れない』。 自分の人生の主役は自分自身。自分らしく生きる事が幸せへの道しるべ。 自分らしく生きる為にも、自分に関わる全ての人・出来事に『感謝の気持ち』を大切に!